このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

6月から8月は全国的に暑く 気象庁の3カ月予報

暑い中、公園にある噴水で水遊びを楽しむ子どもたちの写真です

気象庁はこのほど6月から8月の天気の3カ月予報を発表しました。

暖かい空気に覆われやすいため、向こう3か月の気温は全国的に高くなると予想しています。

日本の南にある太平洋高気圧の張り出しが強まり、暖かく湿った空気が流れ込むためです。

降水量は前線や湿った空気の影響を受けやすいため、西日本と沖縄・奄美(あまみ)で平年並みか多くなるもようです。

北日本から東日本にかけてはほぼ平年並みになる見込みです。

 

6月は全国的に曇りや雨

月別の天気予報をみると、6月前半の北日本と東日本の日本海側の天気は数日の周期で変わる見込みです。

後半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

東日本の太平洋側と西日本の日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多くなるでしょう。

西日本の太平洋側と沖縄・奄美(あまみ)では、前線や湿った空気の影響を受けやすいため、平年に比べて曇りや雨の日が多いでしょう。

 

8月は広範囲で晴れ

7月の北日本と東日本の日本海側の天気は平年と同様に曇りや雨の日が多くなる見込みです。

7月前半の東日本の太平洋側と西日本の天気は前線や湿った空気の影響を受けやすいため、平年に比べ曇りや雨の日が多くなるもようです。

後半は平年と同様に晴れの日が多くなるとみています。

沖縄・奄美(あまみ)では高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多くなると予想しています。

8月の北日本の天気は、数日の周期で変わるもようです。

東日本と西日本、沖縄・奄美(あまみ)の8月の天気は平年と同様に晴れの日が多いようです。

 

本文ここまで

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る