このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

京成電鉄、2025年冬に新型車両を導入 5年ぶりの新形式車両「3200けい」

京成電鉄の新型車両「3200けい」のイメージの写真です

京成電鉄は、2025年の冬にも新型車両「3200形(けい)」を導入します。

同社が新型車両を導入するのは5年ぶりとなります。

コンセプトは「人や環境にやさしいフレキシブルな車両」で、車両の数を4両にしたり、6両にしたり柔軟に変更することができます。

同社は輸送需要に見合った効率的な走行エネルギーを使うことで、環境負荷の低減につなげる考えです。

また、最新の半導体を使用した制御装置を搭載することで、消費電力は同社の従来の車両と比べて約69%も削減できるとしています。

 

伝統のカラーリングを踏襲

外観デザインは京成電鉄の車両の伝統である「赤」と「青」のカラーリングを踏襲するとしています。

また、車内の設備は各車両に「車いすスペース」や「フリースペース」を設けるほか、吊り手の高さを下げるなどのバリアフリー設備も充実させるといいます。

各車両に防犯カメラを設置し、車内の非常通話装置と連動させることで、客室内の防犯カメラの映像を乗務員室ですぐに確認できるようになります。

 

本文ここまで

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る