このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

猛暑で社会人の9割が“やる気”低下 夏バテに出社回帰が追い打ち

ハンカチで汗をぬぐう女性の写真

過酷な夏の暑さは社会人の“やる気”に影響する—
キャリアや就職・転職に関する相談サービスを提供するライボの調査機関「Job総研」がこのほど実施したアンケート調査「2023年 夏の働きかた実態調査」でこんな実態が浮き彫りとなりました。
その中で「夏の暑さは仕事のやる気に影響するか?」と聞いたところ、88.8%の人が「影響する派」になった一方で、11.2%の人が「影響なし派」となりました。
また、夏バテを起こし仕事に影響した経験の有無を聞いたところ、51.8%の人が「ある」と回答しました。

 

「気温が上がるから」

仕事の“やる気”が最も低下する季節を聞くと、最多は「夏」で、その割合は46.1%に達しました。次いで「特にない」が21.9%でした。「冬」が18.6%、「春」が8.6%、「秋」が4.8%と続きました。
夏にやる気が低下する人に理由を聞いたところ、「気温が上がるから」が88.6%を占めました。

 

理想と現実のギャップ

“理想”の夏の働きかたを聞くと、「テレワーク派」が66.3%を占めました。
その内訳は「必ずテレワークで働きたい」が14.9%、「テレワークで働きたい」が19.2%、「どちらかといえばテレワークで働きたい」が32.2%となりました。
しかし、“実際”の夏の働きかたを聞いてみると、「出社おおめ」と回答した人が全体の68.6%に達しており、理想と現実のギャップが広がった結果となりました。その理由を複数回答で聞いたところ、「外が暑い」が76.1%と最多になりました。
続いて「移動による汗対策が面倒」と「テレワークのほうが快適」が同率で57.8%となりました。
同調査は7月末にインターネットで実施し、20代から50代の社会人の男女743人から回答を得ました。

本文ここまで

 

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る