このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

今どきゴキブリも“予防”が大事!スイッチを入れるだけで部屋からゴキブリがいなくなる「マモルーム ゴキブリ用」がアース製薬から登場

「マモルーム ゴキブリ用」のリビングでの使用イメージ写真。ホワイトが基調のまるみをおびた本体からコードがのびています

アース製薬から、スイッチを入れるだけでゴキブリの定着を防ぎ、お部屋からゴキブリがいなくなる置くタイプの虫よけ器具「マモルーム ゴキブリ用」が8月21日から全国で販売中。

同商品は、これまで同社が培ってきた虫ケア用品の知見を結集した商品。ゴキブリが本能で嫌がる有効成分、お部屋でもしっかり効く濃度設定、ゴキブリが嫌がる空間を作るきさん技術を組み合わせた独自設計で開発されたとのこと。

 

マモルームゴキブリ用2かげつ用セットの商品写真。透明な箱にハイっています
「マモルーム ゴキブリ用 2ヵ月用セット」(税込2178円)。器具1個と45ミリリットルいりの薬剤ボトル1本のセット

 

マモルームゴキブリ用とりかえボトル2かげつ用いっぽんいりの商品写真。こちらも透明な箱にハイっています
「マモルーム ゴキブリ用 とりかえボトル2ヵ月用 1本入」(税込1738円)

 

ゴキブリが活動的なのは夏…だけではなくなった

ゴキブリは高温多湿を好み、最も活動的になるのは7月から8月。気温の低下と共に活動が低下するものの、住宅の断熱性のアップや暖房や加湿器の使用などにより、気温が低い秋や冬でも室内はゴキブリにとって過ごしやすい環境とのこと。悲しい事実です。

そのため、ゴキブリとの遭遇を予防するためには、秋や冬の対策も重要ということ。実際に、2022年11月から2023年2月の対象害虫ごとの対策商品の売上金額構成比では、ゴキブリ用が最も高いことが分かったといいます。

 

大切なのは予防

また、同社によるとゴキブリへの対処方法について調査した結果、害虫発生後に駆除剤などを使用した人の割合が2020年から2022年にかけて減少している一方で、発生前に使用し予防した人の割合は年々増加していることが分かり、発生前の予防意識が高まっているそう。
人間の健康管理と同様、なにごとも「予防」が大切ということかもしれません。

 

「マモルーム ゴキブリ用」の特徴

「ゴキブリを見ないお部屋」を作る予防商品として開発された同商品は、熱によって粒子の気流を起こし、ゴキブリが嫌がる有効成分を含んだ超マイクロ粒子を部屋のすみずみまで広げることで、お部屋からゴキブリを追い出し、ゴキブリがいない空間をつくることが特徴。駆除するのではなく忌避する効果があるため、ゴキブリの死がいにも出会わずにすみます。

なんらかのかたちで遭遇してしまう、あの悲劇にも似た瞬間とさよならできるのはかなりポイントが高いと言えるのではないでしょうか。

マモルームゴキブリ用だんめんずのイメージイラスト。本体のなかに薬剤ボトルがハイっています。スイッチをいれると熱によって粒子の気流を起こし、本体じょうぶからゴキブリが嫌がる有効成分を含んだ超マイクロ粒子がでる様子がえがかれています
香料としてハッカ油を配合しているとのこと

 

また、同商品はプラグ式で、スイッチを入れると通電中は常時、薬剤が供給されつづけるため、ゴキブリに対する効果が安定。

ゴキブリは夜行性で、昼間は薬剤が届かないところに隠れ、夜になると動きだすため、就寝前の使用を推奨しているとのこと。ゴキブリの発生状況や使用環境により異なりますが、効果が期待できる目安として、夜間にいちにち12じかん使用し、1週間以上の継続も合わせて推奨されています。

さらに、器具が倒れても液がこぼれにくいなど、子どもがさわったときの安全性や使いやすさを考えた設計により、子どもがいる家庭でも安心して使用可能。

 

「マモルーム ゴキブリ用」キッチンでの使用イメージ。ゆかにおいています
生活空間になじみやすいシンプルなデザイン。どこかスマートスピーカーに似ています

 

ゴキブリの生態と忌避のメカニズム

ゴキブリは夜行性。眼ではなく「触角」を頼りに生きています。ゴキブリの触角には、空気中に漂う成分を感知する毛が大量に生えており、感知後、成分の情報を電気信号として脳に送ります。有効成分であるメトフルトリンはゴキブリの触角に作用しやすい成分。空気中のメトフルトリンが触覚に作用すると、ゴキブリは嫌がったり、混乱して行動がおかしくなったりするため、忌避につながるそう。

上手にゴキブリを予防して、お部屋をまもりましょう!

 

アース製薬「マモルーム ゴキブリ用 2ヵ月用セット」商品ページURLは以下から

https://www.earth.jp/products/mamoroom-cockroach-2/index.html

 

防除用医薬部外ひんのため、「マモルーム 蚊用」や「マモルーム ダニ用」との同部屋での同時使用はできないとのこと。

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る