このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

近くにお店がなくてもメガネがつくれる!メガネ移動はんばいしゃ「じんずごー」がスタート

メガネ移動はんばいしゃ「じんずごー」が道を走っている写真。真っ赤なマイクロバス型の車に白い字で「みえるよろこびを、届けるクルマ。じんずごー」と書かれています。

ジンズは、専用車両によってお店に行くことなく眼鏡を作ることができる新しい移動販売サービス「じんずごー」を2023年1月26日にスタートしました。実店舗と同じように実際に商品を手に取って選ぶことができるほか、通常は店頭でないとできない視力測定補助やレンズ加工まで移動販売車内で完結できます。

かどうかいしびである2023年1月26日は、群馬県前橋市内の高齢者向け施設へ訪問したとのこと。訪問を希望する施設や団体のかたわ、「じんずごー」公式サイト内のフォームより問い合わせのうえ事前予約が必要です。

 

車内はどうなっている?

じんずごー1ごうしゃの車内の様子。真ん中に通路があり壁沿いにたくさんの眼鏡が陳列されており、実際のお店の中にいるようです。
車の中にいることを忘れそうな落ち着いた雰囲気

 

マイクロバス型の車両をベースに開発された「じんずごー」いちごうしゃ車内は木材をふんだんに使った温かみのあるデザイン。メガネ約200本を陳列できる棚や、来店客が座れるベンチもあり、まるで本当のお店にいるような空間です。

視力測定器やレンズ加工機も搭載されているため、レンズの種類によってはその日のうちに商品を持ち帰ることができるものも。実店舗と同様のサービスを受けられるのは嬉しいですね。なお、商品購入時の支払方法は現金のほかクレジットカード、各種電子決済にも対応しているとのこと。

 

「じんずごー」の活動エリア

じんずごーいちごうしゃの活動エリアは関東近郊で、社会福祉施設や、近隣にじんずの店舗が無い地域などへ訪問する予定とのこと。車両はじんずの基本サービスをすべて提供できるよう車いす昇降機付き専用車両に改装されているため、車いすのかたも利用できます。

また、有事の際には被災地支援などに活用することも想定し、今後は活動地域を拡大することも視野に入れているそうです。

 

「じんずごー」を利用するには?

メガネ移動販売しゃ「じんずごー」を利用するためには、公式サイト内のフォームより事前予約が必要です。訪問料は無料で、サービス担当スタッフとの調整などを経て「じんずごー」の訪問日時が決定されます。

新たに眼鏡を作る予定がなくても、手持ちのじんずのメガネに不具合がある場合は、メンテナンスや調整を無料でおこなってくれるサービスがあるのも嬉しいポイントです。近くにお店がなくてもお店のほうから来てくれる「じんずごー」、今後の展開が楽しみです。

 

「じんずごー」詳細については以下URLから

https://www.jins.com/jp/jinsgo/

 

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る