Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

お風呂に入ることが“面倒”と感じたことがある人は意外と多い!

入浴を楽しむ女性

じゅうせつきき大手のりくしるはこのほど実態調査「あなたのお風呂事情」を行いました。その中で、全体の65.8%もの人が「お風呂に入るのが面倒と感じることがある」と回答したことがわかりました。

その理由として、「疲れているから」が33.6%ともっとも多かった。次いで「睡眠時間のほうをより優先したい」が22.1%、「からだや頭を洗うのが面倒だから」が21.1%となりました。

さらに、「お風呂後のケアが面倒だから」「裸になるのが寒いから」との回答もあったとしています。

湯船につかる習慣がある日本人は“お風呂が好きな国民”とみられていただけに、今回の調査では意外な一面が浮かび上がったといえそうです。

 

入浴時間に求めるものとは…

シャワーも含めたお風呂に入る平均時間について聞いたところ、「11から20分」と回答した人が最も多く、43.1%を占めました。「10分以内」との回答と合わせるとその割合はろくじゅういってんれいぱーせんとにのぼりました。また、お風呂に最も求めている効果を聞くと、「からだの疲れをほぐす」が27.8%で、最も多かった。

このほか、「リラックスできる」が19.4%、「さっぱりリフレッシュできる」が16.3%となるなど、お風呂の時間に“癒し”を求めているという実態も浮き彫りとなりました。

 

「毎日、湯船につかる」は約半数

近年、シャワーで済ませる人が増えてきているものの、「ほぼ、毎日湯船につかる」と回答した人は約半数となる47.4%となりました。「ほぼ、毎日シャワー」と回答した人の22.7%を大きく上回りました。

また、本当なら毎日湯船につかりたいという人は7割以上にものぼり、よくそうよくに対する願望もみられました。現実的には週に何度か湯船につかりながら、シャワーと上手く併用している人が多いようです。

調査は11月中旬に、全国の20代から60代の男女661人を対象にアンケート形式で行われました。

本文ここまで

 

 

記事一覧

ご褒美チョコや友チョコに。ビオセボンで買える手ごろなローチョコレートはいかが?

ひとふくろたべても140キロカロリー前後!魅惑のへるしーポテチ「焼きじゃがぷれみあむ」

TOPに戻る