このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2023年度「新聞販売店」の倒産件数が過去最多 新聞業界の苦境が一段と鮮明に

マンションの玄関前に積まれた新聞のたばの写真です

新聞を配達する新聞販売店が苦境にあえいでいます。

 

信用情報会社の東京商工リサーチがこのほどまとめた2023年度の全国の新聞販売店の倒産件数は前年度比56%増の39件と、これまで過去最高だった2014年度の30件を大きく上回りました。

月次ベースでは2023年2月の倒産件数が2014年5月に記録した最多の10件に達しました。

長らく続く消費者の“新聞離れ”に加えて、物価高で配送にかかる燃料費が上昇したり、人手不足により人件費がアップしたりしていることなども、新聞販売店の経営を直撃しています。

さらに、ネット広告へのシフトにより新聞の折り込みチラシが減少していることも追い打ちをかけているようです。

 

「取り巻く環境は一段と厳しく」

新聞販売店が苦境に立たされている背景には、新聞販売の減少があります。

日本新聞協会によると、2023年の新聞発行部数は前年比7.3%減の約2859万部に落ち込みました。実数ベースでは前年と比べて約225万部も減少しています。

さらに、過去の新聞発行部数と比べてみると、現在の新聞業界の窮状が一段と鮮明になります。

20年前の2003年には昨年比1.8倍の約5287万部、10年前の2013年でも昨年比1.6倍の約4699万部もあったといいます。

新聞業界の関係者は「新聞の販売数量の減少という構造的な問題は解決の糸口すら見えていないのが実情です。新聞業界を取り巻く環境は今後、一段と厳しくなる」と見る向きもあります。

 

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る