このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2024年ゴールデンウイークの新幹線の座席予約 「まだ余裕あり」

東海どう・山陽新幹線N700系の写真です

JR東日本、JR東海、JR西日本などJR各社はこのほど4月26日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中の新幹線の指定席予約状況をまとめました。

4月11日時点の予約状況はJR東日本が前年比10%増の84万席、JR東海が前年比23%増の139万席、JR西日本が前年比15%増の82万4000席と、いずれも増加しています。

予約が増えた要因として、東海道(とうかいどう)・山陽新幹線の「のぞみ」の自由席が無くなり、全席「指定席」になることなどを挙げています。予約のピークになるのは下りが3日、上りが6日となりそうです。

 

新幹線の予約率は20%から30%台

JR各社の4月11日時点の新幹線の予約率をみると、JR東日本が32.0%、JR東海が28.5%、JR西日本が25.0%になっています。座席の予約はまだ余裕がありそうです。

 

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る