このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

あの感動が、ふたたび。シリーズの中で最も細い0.3ミリのペン先「フリクションシナジーノック」が登場

フリクションシナジーノックで「しじょうサイホソ!!0.3ミリフリクション」とえがかれた紙と、すうほんのフリクションシナジーノックの写真。なお、フリクションシナジーノックわペン本体のサイドについているクリップ部分を上下させてペン先を出すタイプです

パイロットから、フリクションシリーズの新商品として、消せるボールペン「フリクションシナジーノック」が2024年3月4日に登場。新商品は、同シリーズの中で最も細いボール径となる0.3ミリのペン先を新たにラインアップに加えた新モデル。

カラーはブラック、レッド、ブルー、グリーン、ブルーブラック、オレンジ、ピンク、ライトブルーの8色展開で、価格はそれぞれ税込み275円。

 

フリクションシナジーノックで筆記しているてもとの写真
フリクションシナジーノック

 

単品で買えるほか、同商品の発売に合わせて、0.3ミリ、0.4ミリ、0.5ミリそれぞれのボール径の8色セットも税込み2200円で発売されます。

本体のカラーは上品で落ち着いた雰囲気、都会的でスタイリッシュなイメージなどのあるグレーを採用。

 

0.3ミリのフリクションシナジーノックの8色それぞれの単体写真。芯の色は本体についたクリップの色で見分けることができます
写真は0.3ミリの8色

 

あの感動をもう一度

フリクションの登場により、今やボールペンはもはや“消せるのが当たり前”になりました。同商品が登場した当時「ボールペンが消せるなんて」と感動した人も多いはず。かくいうわたしもフリクションと出会ってからはヘビーユーザーになりました。

 

愛用しているフリクションボール スリム038の写真。全体てきにほそく、インクのいろと同様に本体の色も赤い0.38ミリのフリクションです
わたしの原稿校正の友「フリクションボール スリム038」

 

もともとペン先が細いタイプが好きだったので0.38ミリのフリクションを愛用しています。でもペン先が細いほど、書くときに紙にひっかかる感じがしていたんです。これはこれで個性なのですが、今回の「フリクションシナジーノック」の0.3ミリを使ってみてびっくり。0.38ミリよりもさらに細いのに、スルスルとなめらかな書きごこち。

わたしだけかもしれませんが、はじめてフリクションを使ったあのときのような感動がありました。新商品発表会で、パソコンでメモをとっていたけど途中から手書きに変えたくらい。

 

なめらかな書きごこちの秘密は「シナジーチップ」

この感動する書きごこちの秘密、それはペン先にありました。新商品に搭載されている「シナジーチップ」は、細く書くのに最適なパイロット独自開発のペン先。

このペン先は、ステンレスパイプの先端にくぼみをつけてボールを点で支える「パイプチップ」と、一般的なボールペンに使われる円錐のかたちのペン先で安定して書きやすい「コーンチップ」のそれぞれの特長を活かした構造、形状とのこと。

 

フリクションシナジーノックのペン先のクローズアップ写真。通常のボールペンよりはややするどいペンさきです。ハサミやカッターを使わずにダンボール箱を開封するときにあけやすそうな形状、といえば伝わりやすいでしょうか
「フリクションシナジーノック」のペン先

 

ほそいパイプ形状のペン先でありながら、パイプのうしろ部分を太くすることでペン先の強度を高めており、インキの通り道が広がることでインキの供給がスムーズになり、なめらかな筆記が実現。書きだしからスルスルかけるので、文字を書きたくなる衝動にかられます。

 

フリクションシナジーノックの0.3ミリ、0.4ミリ、0.5ミリのブラックでそれぞれ文字をかいた紙と、0.3ミリ、0.4ミリ、0.5ミリの本体写真。みためはほとんどおなじですが、本体のうえについている消去用ラバーという消しゴム部分の色が0.3ミリは白、0.4ミリはグレー、0.5ミリは濃いグレーになっています
0.3ミリ、0.4ミリ、0.5ミリ、見た目のちがいは消去用ラバーの色

 

8色試してみた

さっそく0.3ミリのボール径の8色で書いてみました。本体の色はどれもスタイリッシュなグレーですが、クリップの部分がインクのカラーとリンクしていて、キラキラしてきれいです。

 

0.3ミリのボール径の8色セットでそれぞれの色の名前を書いた紙とフリクションシナジーノックの写真
なめらかなかきごこち

 

紙に書いてみると、しっかりした発色で、細くても存在感抜群。学生時代にこれがあったら、さぞかし授業中ノートをとるのが楽しかっただろうな…。

 

赤シートで消える色は…

前回の「フリクションwaai(わーい)」のときにも実験した、赤シートで消える色さがし。今回もやってみました。0.3ミリのボール径の8色セットで書いた紙のうえに赤シートをのせると…?

 

0.3ミリのボール径の8色でそれぞれの色の名前を書いた紙と、赤シートの写真
赤シートをのせる前

 

0.3ミリのボール径の8色でそれぞれの色の名前を書いた紙のうえに、赤シートをのせた写真。ピンク、レッド、オレンジが消えています
ピンク、レッド、オレンジが消えた!

 

赤シートで消える色はピンク、レッド、オレンジでした! テスト勉強にも心強い相棒になってくれるでしょう。今から発売が待ち遠しいですね。

 

「フリクションシナジーノック」商品ページURLは以下から
https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixion_synergyknock/

 

本文ここまで

 

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る