このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2023年に生まれた子供の名前 トップは男の子が「あお」くん、女の子が「ひまり」ちゃん

スヤスヤとねむるしんせいじ

 

明治やすだ生命ほけんが12月よっかに発表した2023年うまれのあかちゃんの名前ちょうさで、もっともおおかったのはおとこのこが深く青いいろを意味する「へき」という漢字になりました。

読みかたは「あお」や「あおい」となります。

一方、おんなのこはひのひかりを意味する「たいよう」の「よう」と「太陽の方向をむく植物」を意味する「あおい」を組み合わせた漢字になりました。

読みかたは「ひまり」や「ひなた」となります。

「へき」という漢字が首位になったのは1989年の調査開始以来、初めてとなります。

サッカー日本だいひょうのたなか・あお選手が活躍したことも影響したようです。

「ひまり」、「ひなた」がトップとなったのはにねん連続でさんかいめとなります。

物価の高騰や円安などの経済ふあんがひろがったものの、新型コロナウイルスの行動せいげんが撤廃されるなどを背景に、同社では「将来への不安がありながらも、社会が明るい方向に進むせそうが反映された」と分析しています。

 

読みかたのトップは「はると」「えま」

 

読みかたのトップはおとこのこが「はると」で、15年れんぞく首位のざをまもりました。

女の子は「えま」で、2年連続トップとなりました。

ここ最近、女の子の名前のトレンドは海外でもなじみやすい「グローバルネーム」に人気があつまっています。

今年は4位に「さな」、5位に「めい」、7位に「りお」がベストテンないにはいっており、グローバルネームが席捲しています。

どう調査は2023年1月から9月にうまれたおとこのこ6957人、おんなのこ6951人の名前を集計したとしています。

 

 

本文ここまで

 

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る