このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

冬のボーナス、理想は89.2万円 でも現実は…

10枚のいち万円さつをおうぎじょうにひろげ、てで持っている

冬のボーナスは“理想”と“現実”で大きなギャップが生じている―

転職・求人の情報サービスを提供するマイナビが、10月に転職活動をした人や今後、転職活動を行う予定の20から50代の男女1318人を対象に実施したアンケート調査「2023年 冬ボーナスと転職に関する調査」で、こんな実態が浮き彫りとなりました。

「自分の仕事に見合う理想の賞与額」を聞いたところ、全体の平均は89.2万円となりました。

一方で、「今年の冬のボーナスの想定支給額」を質問すると、全体の平均は46.2万円で、理想と現実で大きく乖離が生じている結果となりました。

賞与額が想定を下回ったときに「転職意欲が高まる」ようで、その割合は72.3%にものぼっています。

 

給与の不満が転職に

賞与額は転職の大きな動機につながっているようです。

「賞与が少ないことを理由に転職をしたことがある」と回答した人の割合は62.5%と、半数以上に達しました。

ただ、転職の一番大きな理由に「賞与が少ない」ことを挙げた人は25.4%にとどまりました。

一方で、「賞与が少ないことは一番の理由ではなかった」と回答した人に主な転職理由を聞いたところ、最も多かったのが「賞与以外の給与が低かった」ことで、その割合は17.9%となりました。

賞与が大きな理由ではなくても、給与に関する不満が転職につながっているのは現実のようです。

 

ボーナスは勤続意欲に影響

さらに、「賞与額が高いことを理由に転職をやめたことがありますか」と聞いたところ、「やめたことがある」と回答した割合は30.7%を占めました。

役職別にみると部長クラスが最も高く、その割合は41.3%にものぼりました。

マイナビは「賞与は転職の決め手にも、転職を思いとどまる要因のひとつにもなる可能性があり、働く人の勤続への意欲に影響することがわかる」と分析しています。

本文ここまで

 

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る