Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ゲームで視野チェックができる?!緑内障の早期発見に役立つスマホようゲームアプリが登場

ミティオアブラスターのゲーム画面。宇宙空間を舞台に、画面中心に登場する隕石をレーザ砲で破壊している様子

東北大学大学院 医学系研究科と仙台放送はこのほど、スマートフォンを用いて、短時間かつゲーム感覚で視野の状態を確認することができる新しいアプリ「ミティオアブラスター」ミティオアブラスターを共同開発し、日本における特許を取得したと発表しました(特許権登録番号 第7103744号)。

緑内障の早期発見が目的で開発されたというもので、宇宙空間を舞台に、画面中心に登場する隕石をレーザ砲で破壊しながら、宇宙空間のあちこちに登場する星(白い光)を捉えるシューティング系のゲーム、とのこと。片目ずつ計5分間取り組むだけで、ユーザーの視野の状態を簡易判定するものだそう。

 

ミティオアブラスターのゲーム画面。宇宙空間を漂っている様子
「ミティオアブラスター」プレイ画面

 

緑内障って?

緑内障は日本人の中途失明原因第1位の病気で、40代で20人にひとり見つかるといわれています。しかし緑内障の初期にはほとんどの患者に自覚症状がなく、視野異常を感じて病院を受診する頃には、病状が進行してしまっていることが多いといわれています。早期発見・早期治療が重要です。

 

ゲームプレイ後に表示される結果表示のうち、総合結果の画面。隕石撃破数40、こうたいキャプチャ数54、総合得点87000、「いんせきげきはすうが素晴らしいですが、ときおり疲れがみられます。目を休めて再度挑戦してください!」といったコメントが書かれている。
総合結果の画面

 

左目の結果の画像。総合結果のほかに、左右それぞれの結果も表示される。視界をじゅうななぶんかつした図と、それぞれの部位別のスコアが表示されている。「下領域のスコアが悪いです。足元に注意です。」とコメントもついている。
左目の結果

 

実際に私も緑内障ですが、たまたま別の症状で眼科を受診して発見されたものの、そのときすでに片目は中期。けっこう視野が欠けていたのに、指摘されるまでは自分でも気づきませんでした。早期発見が重要と書きましたが、それくらい見つけるのが難しい病気でもあります。

こうやってゲームをしながら視野チェックもできれば、緑内障の早期発見につながりそうですね。本文ここまで

記事一覧

ころなかで広がる自宅トレーニング。でも約4割が始めたくても始められない

TOPに戻る