このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

進む若者の読書ばなれ 21歳の6割以上が本を読まず

読書をする若い女性

21歳の若者の6割以上が本を読まなくなっている—

文部科学省がこのほどまとめた2022年の「21世紀しゅっせいじ縦断調査」でこんな実態が浮き彫りになりました。同調査は2001年に生まれた特定の子どもを対象に、毎年さまざまな質問をし、もんかしょうはその変化を分析しています。今回の調査対象は約2万2800人となります。

21歳の若者に「この1カ月に読んだ紙の書籍の数は?」と聞いたところ、「0冊」と回答した人の割合は62.3%にも達しました。
次いで「1冊」が19.7%、「2から3冊」が12.3%、「4冊以上」が5.8%という結果になりました。

 

電子書籍も読まず

また、「この1カ月に読んだ電子書籍の数は?」と質問したところ、「0冊」との回答が78.1%と8割に迫る結果となりました。

さらに、この1カ月に読んだ雑誌やマンガの電子書籍の数についてを聞くと、「0冊」の割合は57.3%と過半数を超えました。

ちなみに、今回の調査に回答した21歳の若者が10歳だった当時の調査で、保護者に子どもが読書をする習慣について尋ねたところ、「0冊」と回答した人はわずか10.3%しかいませんでした。

SNSや動画投稿サイトが普及する中で、若者の読書離れは深刻のようです。

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る