このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

りそなグループ、従業員の服装を自由に “お堅い”イメージ払拭へ

東京とないにあるりそな銀行の店舗

りそなホールディングスは11月1日から傘下の銀行従業員の服装を自由にすることを決めました。

多様化する従業員の価値観や考え方を尊重し、働きやすさを高めるのが狙いです。

また、世間から“お堅い”と揶揄される従来の銀行のイメージを払拭するといった狙いもありそうです。

 

服装えらびは従業員の自主性に

対象となるのは、りそな銀行、埼玉りそな銀行、かんさいみらい銀行、みなと銀行といったグループ銀行の全従業員とグループ会社の全従業員です。

りそなグループではこれまでスーツやネクタイの着用といったフォーマルな服装を基本的なスタイルとしたルールをスタイルブックに定めていました。

しかし、11月からは全拠点を対象にこのルールを撤廃します。支店や本部など、勤務する場所や業務内容を踏まえた服装えらびは今後、従業員の自主性にゆだねることになります。

 

広がる服装の自由化

ここにきて金融機関の間で女性職員の制服を撤廃したり、服装の自由化に踏み切ったりする動きが広がっています。

金融大手の三井住友銀行は今年9月から東京・大阪の本店で働く行員を対象に、原則としてスーツ着用のルールを見直し、年間を通して服装を自由にしました。

金融機関で働く人の服装といえば、「男性はスーツ。女性は制服」というお堅いイメージが定着しています。服装の自由化で、金融機関の思惑どおりに従来のイメージを打破することができるのでしょうか。

注目を集めそうです。

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る