このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ロッテ、アイスのスティックに竹素材を使用 一般に流通するアイスとして初

ロッテが採用したたけざいのアイススティックの写真。みためはこれまでのアイススティックとおなじようにみえます

菓子大手のロッテは10月9日に発売する「チョコ&バニラバー」のアイスのスティックに竹素材を使用します。ロッテによると、一般に流通するアイスとして、アイススティックに竹素材を使用するのは同商品が初めてになるとしています。

同社は今後、販売するアイスのアイススティックに竹素材の採用を広げていく考えです。

 

サステナブルな素材

竹は生育の速度が速いことで知られ、4年ほどで生長するとされています。また、樹木とは異なり、伐採した後も自生するため、サステナブル(持続可能)な素材として注目を集めています。このため、「割り箸」や「串」などにも広く利用されています。

同社はこうした竹の特徴に着目し、森林保全に寄与する素材として竹素材の有効利用を検討してきました。しかし、品質の問題などで実用化は難しかった。

スティックメーカーと協議を重ね、加工工程ひとつひとつを検証、確認することで、アイスにも使用できる竹素材のアイススティックの開発に成功しました。同社は約5万本のスティックを人の目で1本ずつ検品することで、同社が求める品質レベルに達したと判断し、導入に踏み切ったとしています。

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る