このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

お湯をそそぐだけでカフェラテのできあがり!「日東紅茶 ミルクとけだすコーヒーバッグ」がとっても便利

日東紅茶ミルクとけだすコーヒーバッグカフェラテ4ふくろいりと、キャラメルラテ4ふくろいりのパッケージと、ティーバッグ、カップに抽出したラテの写真

日東紅茶を展開する三井農林から、日東紅茶としては初めてとなるコーヒー商品が登場。

「日東紅茶 ミルクとけだすコーヒーバッグカフェラテ4袋入り」「日東紅茶ミルクとけだすコーヒーバッグキャラメルラテ4袋入り」が2023年8月28日から販売中。価格はそれぞれ税抜き350円。

 

ティーバッグ商品で培った技術をコーヒーに

同社では2021年にお茶の葉とミルクがいっしょになったティーバッグ「日東紅茶 ミルクとけだすティーバッグ」シリーズを販売。

お湯をそそぐだけでミルクティーができる進化系ティーバッグとして、SNSやメディアなどで大きな話題になった同商品は、発売開始から約2年でシリーズ累計出荷杯すうが約1000万杯を突破する人気商品に。今回の商品は、これまで同社が培った技術をコーヒーにも応用した新商品とのこと。

 

いれたてのコーヒーの香りとコクが楽しめる

同商品は、ティーバッグの中にレギュラーコーヒーとミルクを入れることで、直接抽出によるコーヒーの香り立ちや味わいを感じられる商品設計になっているそう。

お湯を入れるだけでカフェラテやキャラメルラテが楽しめるため、ミルクを用意する必要がないのもポイント。なお、砂糖不使用のため、甘さがほしいときは自分で調節できます。
甘い香りとやわらかなコクが特徴のモカを中心に3種類の豆をブレンドし、カフェラテにぴったりのブレンドを目指したといいます。

糸がついたティーバッグの写真。さんかくのバックにハイっており、紅茶のように糸としかくい紙がついています
「日東紅茶 ミルクとけだすティーバッグカフェラテ」のティーバッグ、ならぬコーヒーバッグ

 

コーヒー豆を挽いたりする必要がなく、紅茶のような糸がついたティーバッグ状のコーヒーバッグになっているから、耐熱コップにお湯とコーヒーバッグを入れるだけという手軽さ。用意するものが少なく、後処理もコーヒーバッグを処分するだけなのがうれしいです。

お湯で溶かして飲むタイプのラテはすでに甘みがついているものが多いなか、砂糖が入っていないのはブラック派にとって、とてもうれしい。

 

ついにゲット!

プレスリリースを見てからずっと気になってスーパーやコンビニを探していたけれど、なかなかゲットできず…。それでも探し続けていたら、ついにコンビニで見つけました。

 

日東紅茶ミルクとけだすコーヒーバッグのカフェラテとキャラメルラテのパッケージ写真。カフェラテはブルーがベース、キャラメルラテはオレンジがベースのジッパーつきのプラスチックのふくろにそれぞれ4つまとめてハイっています。ふくろには切りくちがついており、手であけられます。なお、ふくろのなかには糸がついたティーバッグがよっつダイレクトにハイっており、個包装はされていません
2種類ともゲットできました

 

さっそくつくってみました。温めたカップまたはポットに、コーヒーバッグひとつを入れ、沸騰した熱湯150ミリリットルをそそいで、フタをして2分、むらすだけ。

 

ガラスのカップにカフェラテのコーヒーバッグひとつを入れ、沸騰した熱湯をそそいでいる写真
なんて簡単なのでしょう

 

気になる味は…

カフェラテはコーヒーのこうばしさも感じつつ、ミルクたっぷりのコーヒーという印象。ミルク感が強めに感じられたのは、わたしがふだんブラックコーヒー派だからかもしれません。

 

カフェラテのパッケージとガラスのカップに抽出したカフェラテと、抽出まえのコーヒーバッグの写真
カフェラテ

 

キャラメルラテは、お湯をそそいだ瞬間からキャラメルの甘い香りが。キャラメルのほんのりビターな感じもありつつ、砂糖不使用なので甘くなくて飲みやすい味でした。

 

キャラメルラテのパッケージとガラスのカップに抽出したキャラメルラテの写真
キャラメルラテ

 

自分用にはもちろん、急な来客にもササっとつくれるのでひとつあると何かと重宝しそうです。

 

「ミルクとけだすティーバッグ」シリーズ、ページURLは以下から

https://www.nittoh-tea.com/products/teabag/mitb_2023/

 

本文ここまで

 

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る