このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

秋の旅行ひよう、高くなっていると実感 昨今の物価じょうしょうで…

秋のきよみずでらの写真。夜に紅葉した木々の色がライトアップされていて幻想的です

秋の旅行意欲は高いものの、多くの人が旅行費用も高くなっていると感じている―
ビッグローブがこのほど全国の20代から50代の男女1000人を対象に実施したアンケート調査「2023年秋の旅行に関する意識調査」でこんな実態が浮き彫りになりました。

同調査で秋の旅行について聞いたところ、「すでに旅行の予定を立てている」との回答が15.2%、「旅行の予定はまだ立ててはいないが、旅行をしたいと思っている」と答えた人が47.2%となりました。

物価上昇が続く中でも、6割を超える人がこの秋の旅行に意欲があることがわかりました。

 

海外旅行も高く

また、「旅行費用について、高くなっていると感じるか」と質問すると、国内旅行は「やや感じる」が最も多く、その割合は47.3%となりました。

さらに、「とても感じる」との回答は29.3%を占め、「高くなっている」と感じている人の割合は約8割にのぼりました。年代別では50代が最も感じている割合が多かったとしている。

一方、「海外旅行の旅行費用について、高くなっていると感じるか」と聞いたところ、「とても感じる」と回答した人が最も多く、その割合は36.2%に達しました。

また、「やや感じる」との回答は33.2%で、「費用が高くなっていると感じている」と回答した人の合計はおよそ7割となりました。年代別では若い世代よりも「40代」「50代」の人が「とても感じる」と回答した人の割合が多い結果となりました。

 

「費用」と「混雑」がネックに

「旅行をしたいと思わない」と回答した376人に「旅行をしたいと思わない理由」について質問すると、「費用がかかり、物価高などで経済的に余裕がない」との回答がトップで、その割合は47.1%を占めました。次いで「混雑が苦手」が37.2%となり、「費用」と「混雑」がネックになっている人が多い結果となりました。

本文ここまで

 

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る