このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

新型コロナウイルス感染拡大で本社を移転した企業の数はコロナか以前の1.6倍に…

企業が集まる新宿の高層ビル群の写真

新型コロナウイルス感染拡大で本社機能を移転した企業の数はコロナか前の1.6倍に―
信用情報サービスを提供する東京商工リサーチがこのほどまとめた調査「本社機能移転状況」で、こんな実態がうかびあがりました。

2020年から23年に本社機能を移転した企業の数は10万5367社と、新型コロナウイルス感染拡大以前となる17年から20年の3年間と比べて60.5%増と大幅に増加しました。

東京商工リサーチでは「外出自粛などで人の流れが抑制されたが、事業環境の変化に対応し、人の流れ動きとは対照的に企業の本社移転は活発だった」と分析しています。

 

転出超過に拍車

市区郡を「大都市」と「郊外」に分けた場合、「大都市から郊外」へ転出した企業は1万8427社でした。その一方で、「郊外から大都市」へ転入した企業が1万4103社となり、転出が転入を上回りました。新型コロナウイルス感染拡大以前の17年から20年も、「大都市から郊外」へ転出した企業は1万460社となった一方で、「郊外から大都市」へ転入した企業が9362社と転出超過となっていました。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大以降は、大都市からの転出に拍車がかかった格好となりました。23年以降、経済活動の再開に伴い、対面を重視し原則出社とする従来の働きかたに戻す企業も増えています。

東京商工リサーチでは「コロナかでは大都市から郊外への転出が増加したが、今後は再び大都市への回帰が進むのか注目している」と指摘しています。

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る