このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

仕事を引退すると「しんしっかん」「うんどうぶそく」のリスクが減少

公園で体操をする高齢の夫婦の写真

仕事を引退するとしんしっかんリスクが働き続けている人よりも2.2ポイント減少することがわかりました。

京都大学などの研究グループが日本を含む35の国の50から70歳の10万6927人を対象に調査し、明らかにしました。

京都大学の佐藤こうりゅうじょきょうは、「各国で年金の支給開始年齢の引きあげや高齢者の就労継続支援が行われています。しかし、研究結果では引退の遅れは必ずしも健康には良くないことを示唆しています。働く高齢者が増える中で、運動などの健康づくりがますます重要になってくる」と指摘しています。

 

仕事のストレスから解放

これまでの研究では「高齢者の就労継続は健康に良い」とされてきました。しかし、「健康な人ほど就労継続しやすい」というバイアスが十分に考慮されていませんでした。このため、京都大学などの研究グループは引退としんしっかんリスクの関連について調べることにしました。

その結果、退職した人は男女を問わず、働き続けている人と比べてしんしっかんリスクが低減していたことが明らかになりました。また、うんどうぶそくになるリスクが3.0ポイントも低くなっていることがわかりました。

さらに、デスクワークが中心だった労働者は、引退するとしんしっかんや肥満、うんどうぶそくのリスクが低下しました。その一方で、肉体労働者は引退すると肥満リスクが上昇したことも明らかになりました。

京都大学の佐藤じょきょうは研究の結果について「引退によって仕事のストレスから解放されることや、運動する時間が増えることと整合している」と分析しています。

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る