このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ニッカウヰスキー、一本33万円のウイスキーを発売

ニッカウヰスキーの創業90周年の記念商品「ザ・ニッカ ナインディケイズ」の写真です

 

アサヒビールのウイスキー製造子会社、ニッカウヰスキーは2024年に創業90周年を迎えます。

その記念商品として「ザ・ニッカ ナインディケイズ」を7月2日に限定発売します。

数量は日本と海外で2000本、10月にも日本と海外で2000本の計4000本を販売します。

同商品は1940年代から2020年代まで9つの年代にわたって6つの工場などで作られた150種類以上の原酒がブレンドされている。

700ミリリットル入りで、税込み価格は33万円となります。

7月から12月にかけて東京都内にウイスキーの魅力を発信するコンセプト・バーを展開するとしています。

コンセプト・バーではオリジナルカクテルを提供するほか、グッズなども販売するとしています。

また、ロンドンやパリ、ローマ、ニューヨークなど海外にある人気のバーとコラボし、イベントなども実施する予定です。

 

60億円の設備投資

 

ニッカウヰスキーは同時に、洋酒事業を強化します。

60億円の設備投資を行い、旺盛な需要に応えるとしています。

設備投資は栃木工場に樽(たる)の貯蔵庫を新設することなどが柱となります。

1本あたりの価格が2000円以上のプレミアムウイスキーカテゴリーの世界市場で、トップテン入りを目指すとしています。

6月5日、東京都内で会見したニッカウヰスキーの爲定一智(ためさだ・かずとも)社長は洋酒事業の強化について、「お客様が(ウイスキーを)手に入れられない状況を解消したい」と説明しました。

 

 

本文ここまで

 

記事一覧

にっぽんかがくみらいかんパートナーロボット「ケパラン」、期間限定でダンスパフォーマンスをはつひろう!

TOPに戻る