このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

コーヒーを食べる?! UCCのYOINEDで新しいコーヒーのたのしみかたを

ケーキと、ヨインドの2種類のフレーバーの個包装のパッケージと、まっしろなそとハコの写真

突然ですが、コーヒーを食べたことありますか? 2023年11月1日にUCC上島珈琲から発売された 「YOINED(ヨインド)」  。日本で初めての独自製法で生み出された、食べるコーヒーです。期間限定での販売ということもあって、入手困難な商品になっています。

コーヒーいりのチョコレートは食べたことはありますが、これはそれとも違うみたい。どんな味なのか気になるものの、なかなか手に入れることができず…。ようやくゲットできました。

 

YOINED(ヨインド)とは

YOINED(ヨインド)は、うすくてまるいタブレット状のコーヒー食品。ホームページによると、コーヒー豆を抽出することなくそのまま使い、豆本来の甘み、酸味、苦味がつくる芳醇な香りをダイレクトに感じることができるとのこと。しかも使用されているのはエチオピア・シャキッソ地区の豆だそう。フルーティな酸味も期待できそうです。

「CRAZY BLACK」と「MELLOW BROWN」の2種類のフレーバーがそれぞれ3枚ずつセットになったアソートタイプで、税込み2700円。UCC公式オンラインストアで購入しました。

 

ヨインドのそとハコと、2種類のフレーバーのパッケージ写真。まっしろな紙の箱にハイっています。そとハコわ横にスライドしてあけるタイプ。なかみわ一枚ずつ個包装になっています
高級感あふれるパッケージ

 

チョコレート…ではない

実物はまるい板チョコのようなみためです。一見するとチョコレートのようにも見えますが、ひと口食べてみるとまったく別物だとわかります。

たとえるなら、柔らかい口当たりの、溶けないチョコレート。表現するのが難しいけれど、それはつまり、食べたことのない味わいということでもあります。

ミルクチョコレートが好きな人にはちょっと苦く感じるかもしれません。ふだんハイカカオチョコレートを食べる人には違和感なくいただけそうな味でした。

 

CRAZY BLACK

コーヒー豆配合量40%。極限までコーヒー成分を多く配合し、キレのある苦味や酸味、香りがたのしめます。

ガツンとしたビターなフレーバーに、後味にほんのり甘みを感じられました。どうしてもチョコレートと比べてしまうけれど、異なるのは、後味がしっかりコーヒーで、ほろ苦さがあるということ。コーヒーとチョコレートのいいところをうまく融合した味です。

 

小分けの袋にハイったクレイジーブラックのパッケージと、袋からでたクレイジーブラックの写真。袋はプラスチックで、手であけられます。パッケージはブラウンです
CRAZY BLACK

 

MELLOW BROWN

コーヒー豆配合量15%。ミルク感がつよめで、カフェオレのような風味が特徴的でした。

CRAZY BLACKと比較すると香りもマイルドで甘みも強め。こちらのほうが食べやすいかもしれません。

 

小分けの袋にハイったメロウブラウンのパッケージと、袋からでたメロウブラウンの写真。こちらも袋はプラスチックで、手であけられます。メロウブラウンのほうがパッケージの色がほんのりピンクいろに近いくすんだ赤けいのカラーです
MELLOW BROWN

 

どうしてもやってみたかった、ブラックコーヒーを飲みながら食べるという、よくばりな組み合わせ。コーヒーにコーヒーはどうなんだろうと思いましたが、しっかり楽しめました。

これを書いているのが2024年1月29日なのですが、次回UCCオンラインストア販売で今期の製造分は終了とのこと。

食べるコーヒー、気になる人はぜひおためしあれ。

 

UCC公式オンラインストアURLは以下から

https://store.ucc.co.jp/item/SET2310001.html?_ga=2.67621846.699401620.1706492603-1151660819.1704874140&_gl=1*1kmfv6i*_ga*MTE1MTY2MDgxOS4xNzA0ODc0MTQw*_ga_FX8M0EJBM8*MTcwNjUxOTIyMy4xNC4xLjE3MDY1MjEyOTguNTcuMC4w

 

本文ここまで

 

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る