このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

インドのスパイシーな漬物「アチャール」でごはんがとまらない!

なすと、ビンにハイったアチャールスパイスの写真

数年前からスパイスにハマって、カレーはもちろん自家製マスタードにも手を出し、じわじわとスパイス沼に漬かっています。そんなわたしが今もっとも気になるスパイスフードが「アチャール」。

 

アチャールって?

アチャールとは、日本の食事で例えると漬物のようなもの。酸っぱかったりスパイシーだったりするけれど、ごはんがすすむのは共通しています。

わたしのアチャールとの出会いは、インドカレー屋さん。付け合わせにあった玉ねぎのアチャールで、当時セルフで好きなだけ食べられるアチャールがテーブルごとに瓶でひとつおいてありました。ちょうど福神漬け(ふくじんづけ)とか、らっきょうのようなポジションなのかもしれません。ふだんはセルフで食べられるつけあわせにはほとんど手を出さないのに、あまりのおいしさに大量に食べてしまったくらいにおいしかったんです。

 

「アチャールスパイス」なるものを発見

そんなアチャールを自宅でつくれるキットが東京・台東区にある自家製チャイとスパイスをつかったお菓子のお店「JULLEY(ジュレー)東京 蔵前」で販売していました。お店で見つけた瞬間、思わず手に取ってしまったのは言うまでもありません。

片手に収まるくらいの瓶に、アチャールに必要なスパイスがぎゅっと詰まっています。瓶のなかに収められた赤いグラデーションがきれいで、まるで星の砂を見ているかのようにそのままうっとりしてしまいました。もちろん、中身はぜんぶスパイスなのだけど。見ておいしい、食べておいしいとは、まさにこのこと。

 

ビンにハイったアチャールスパイスの写真。コルクのフタの、てのひらサイズの瓶に36グラムのアチャールのスパイスミックスが入っています
「アチャールスパイス」税込み750円。オンラインショップでも購入可能

 

思い立ったらすぐ作れる

スパイスキットには、ちゃんとレシピもついています。このアチャールキットのほかに追加で用意する食材は、ナスとショウガ、油、お酢だけ。この、思い立ったらすぐ作れる感じがいい。

 

用意するものの写真。ひだりうえから、うつわにハイッタあぶら、ビンにハイったアチャールスパイス、ショウガ、こめず、ナス5本。シンプルです
今回はナスでつくりましたが、好きな野菜でつくれます

 

ショウガをみじんぎりにして油をいれたフライパンでいため、香りがでてきたら乱切りにしたナスを加えてさらにいため、スパイスミックスと最後にお酢を入れて完成。とっても手軽にナスのアチャールができます。

 

フライパンいっぱいにハイったナスとアチャールスパイスの写真
みるからにスパイシー

 

完成したアチャールは、ピリッとスパイシーな味。分量を間違えてスパイスをレシピの2倍近くの量で入れてしまったことも理由だと思うけれど、それにしてもごはんがすすみます。レシピによると10日くらい保存がきくらしいけれど、数日で完食してしまいました。

スパイスって、一瞬ブワっとからだがあたたかくなって、サッと引いてどこか心地よいところがクセになるんですよね。

 

完成したアチャールと、アチャールを箸でつまんだ写真
ひとつの瓶のスパイスすべて入れてしまったけれど、半分くらいでよかったみたい

 

わたしがカレー屋さんで食べた、お酢がきいたアチャールとはまた違ってこちらはややピリッとした味。小さい子どもにはややスパイシーな、おとなの漬物といったところでしょうか。おうちによって漬物の味が異なるように、アチャールも場所によってレシピが違うのかもしれません。

 

円安で海外に行きづらくても、こうして世界の食事を家で体験して予習するのも悪くないかも。

 

JULLEY(ジュレ―)オンラインショップ「アチャールスパイス」ページURLは以下から

https://julleyspice.base.shop/items/78315434

 

JULLEY(ジュレ―)店舗概要
住所:〒111-0051 東京都台東区蔵前3丁目22−5
※都営大江戸線蔵前駅 A5出口 徒歩1分
営業時間:木曜、金曜は8時から16時まで・土曜、日曜、祝日は9時から17時まで
WEB:https://julley-spice.com/

 

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る