このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

アサヒビール、プレミアムビールの新ブランド「アサヒしょくさい」を発売

しちがついつか、都内で開催した「アサヒしょくさい」の発表会で商品をPRするお笑いタレントの「かえるてい」の写真

飲料大手のアサヒビールは、プレミアムビールの新ブランド「アサヒしょくさい」を7月11日に発売します。同商品は缶のふたをあけると、きめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールの味わいが楽しめる「なまジョッキ缶」を採用しました。

なまジョッキ缶の採用は2021年4月に投入し、ヒット商品となった「アサヒスーパードライなまジョッキ缶」に続く第2弾となります。当面は酒類を取り扱うコンビニエンスストアのみで販売します。税込み価格は340ミリリットル入りで284円となります。

拡大するプレミアムビール需要を取り込み、年内に数十万箱の販売を計画しています。

 

「ラグジュアリーな気分になれる」

「アサヒしょくさい」は厳選した麦芽とフランス産の希少ホップ「アラミス」など5種類のホップを採用しました。高い濃度でばくじゅうを発酵させることで、豊かな香りと濃厚なコクが楽しめるという。

5日、東京都内で会見したアサヒビールの梶浦瑞穂マーケティング本部長は「蓋を開けるだけでラグジュアリーな気分になれる、新たな高付加価値ビールとして提案していく」と意気込んでいます。

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る