このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

見つけたら即ゲット!花畑牧場の「ブラータチーズ」

花畑牧場のブラータチーズと、ミニトマトの写真

数年前からハマっているチーズ。70グラムで税込み429円とちょっと割高だけど、つい買ってしまうのが花畑牧場の「ブラータチーズ」。どこのスーパーでもおいているわけではないので、見つけたら即ゲットしています。最近ではAmazonなどでも販売しているみたいです。

レストランで、いちごのサラダといっしょに出てきたことがきっかけでブラータチーズにハマり、花畑牧場のチーズにたどりつきました。

 

「ブラータ」って?

ブラータとは、「バターのような」という意味を表すイタリア語。生クリームと細かくしたモッツァレラでつくった中身を、フレッシュなモッツァレラでつつんでいます。

 

ブラータチーズのパッケージ写真。ふくろには切りくちがあるので、手で開封できるのもポイント
ブラータチーズのパッケージ

 

にぎりこぶしくらいのまるくて白いチーズは、なんとひとつずつ手作りされているんだとか。

カットするとこまかいモッツァレラと、ストラッチャテラと呼ばれるクリーム状の部分がでてくる不思議なチーズ。もしたとえるならば、フォンダンショコラのような感じが近いかもしれません。
モッツァレラのミルク感と生クリームの濃厚さが楽しめるよう、水っぽくならないようにしながらも、固すぎず、ゆるすぎずの絶妙なバランスにする独自配合とのこと。

北海道・とかちさんのミルク感たっぷりで、濃厚でありつつもチーズ特有のツンとする香りはほぼなく、くどくない味。サラダにすることで超簡単にオシャレサラダに変えてしまう、頼もしい存在です。

 

カットして並べるだけの絶品シンプルサラダ

さて今日も、ブラータチーズをいただきます。プラスチックの袋には、チーズの新鮮さを保つための水と、丸いブラータチーズがひとつ。水は捨てて、チーズのみいただきます。ズボラなわたしは丸いまま、お皿にドンとおいてしまいます。

はんげつぎりにカットしたゴールデンキウイを並べ、まんなかに丸いままのブラータチーズをのせた写真
味つけは塩コショウ、オリーブオイルのみ

 

鉄板のトマトもいいけれど、今日はカットしたキウイを添えました。塩コショウをふって、オリーブオイルをたらすだけでハイ完成! とっても簡単なのにちゃんと料理した感じがでるので最高です。

 

キウイがのったサラダのブラータチーズをカットした写真
なかはこんな感じ

 

クリーミーさと、フルーツのみずみずしさ、酸味がよく合います。コショウがアクセントになっているのもいい。あっというまに完食しました。

 

半分にカットしたミニトマトを並べ、まんなかに丸いままのブラータチーズをのせた写真
もちろんトマトとの相性もぴったり。こちらも味つけは塩コショウ、オリーブオイルのみ

 

深夜にこの原稿を書いていたらものすごく食べたくなってきて、食欲を抑えるのに必死だったのはここだけのお話です。

 

花畑牧場「ブラータチーズ」商品ページは以下URLから

http://www.hanabatakebokujo.com/products/artisan-cheese.html

 

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る