このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

パッケージも…あのバターそっくり!「ゆきじるし北海道バタープリン」をたべてみた

ゆきじるし北海道バタープリンをスプーンですくっている写真

バターサンドにバターキャンディ、そしてバターアイス…このごろバター商品をあちこちで見かける気がします。食べすぎはいけないと知りつつも、バターのコクと背徳感がたまらないんですよね。そしてついに、バターのプリンが登場しました。

雪印メグミルクから、2023年2月21日より全国のコンビニエンスストアにて先行販売中の 「ゆきじるし北海道バタープリン」。内容量は85グラムで税抜きひゃくじゅうえん。コンビニで見つけたとき、思わず買ってしまいました。なぜなら、パッケージがあの「ゆきじるし北海道バター」と同じだったから。なおコンビニエンスストア以外では2023年3月なのかに発売予定とのことです。

 

「ゆきじるし北海道バター」って?

「ゆきじるし北海道バター」は、雪印メグミルクの前身の一つであるほっかいどうせいらくはんばいくみあいが1925ねんに製造を開始。まもなく100年を迎え、世代を超えて多くの人に親しまれているロングセラー商品。

 

パッケージからバター感がすごい

ありそうでなかなか見なかったバターのプリンですが、同社によると「バターらしさを感じられるよう、バターの持つふうみ特長を効かせながら、プリンの味わいに厚みや奥行きを与えた仕立てになっている」とのこと。

パッケージは、「ゆきじるし北海道バター」と基調を合わせ、コラボ商品であることが分かりやすいデザイン。コンビニのスイーツコーナーでもインパクト抜群でした。

ゆきじるし北海道バタープリンの商品写真。ゆきじるし北海道バターのような、全体的に黄色いパッケージです
本家のパッケージとそっくり

 

たしかにバターだった

フタに「北海道産バター2%使用」と書いてあるけれど、ものすごく濃厚だったらどうしよう。2%の濃厚さのイメージがいまいちわかないので、実際に食べてみることにしました。

ゆきじるし北海道バタープリンのフタの写真。北海道さんバター2%使用とかいてあります
早く食べたい

 

フタをあけると、香りからしてほんのりバターっぽさがあります。スプーンでひとくちいただくと、たしかにバターだと思うくらいのバター感。通常のプリンではカスタード感が強く感じられますが、このプリンではカスタードを感じるかわりにバター感が強いです。バター2%の意味が少しだけわかったような気がする。

 

フタをあける前のゆきじるし北海道バタープリンと、フタをあけたあとのゆきじるし北海道バタープリンの商品写真
プリンのクリーム色というよりもバターの黄色という感じが近いかも

 

コクはあるけれど、くどさはないのでパクパク食べられます。ちなみに底にカラメルがないタイプのプリンです。

パッケージにつられてものすごく濃厚な味を想像していたのですが、思っていたよりはあっさりいただけるプリンでした。個人的に最もバターを感じたのは後味。口に残る後味がバターでした。

エネルギー量も思ったほど高くないのもポイント。なにより「バターを食べたぞ!」というほどよい背徳感がたまりません。ちょっと小腹がすいたときのおやつにぴったりかも。

パッケージそくめんの成分表示の写真
1個あたりのエネルギー量は112キロカロリー

 

雪印メグミルク「ゆきじるし北海道バター プリン」商品詳細は以下URLから

https://www.meg-snow.com/products/detail.php?p=butter_pudding

 

本文ここまで

 

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る