Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

浅草近辺で買える、うさぎモチーフのおみやげたち

うさぎモチーフのお土産をあつめた集合写真。ぜんぶ食べ物、ほとんど和菓子です

2023年の干支は「うさぎ」。

初詣をしつつ、干支にちなんだお土産を…と思う人も多いのではないでしょうか。

今回は観光スポットでもある浅草近辺に絞り、2023年の干支「うさぎ」モチーフのお土産が買えるお店を3つ紹介します。浅草寺の初詣がてら立ち寄ってもよし、大切な人への手土産や自分用にも。

 

うさぎのパッケージがかわいい!「浅草きびだんご あづま」

まず紹介するのは、浅草寺のおもてさんどうである仲見世にあるお店「浅草きびだんご あづま」。江戸時代に仲見世に実在した門前のきびだんごを再現しているそう。

「きびだんご」は、串に刺さったあたたかいひと口サイズのきびだんごを、うさぎが描かれた紙袋に入れて渡してくれます。ピンクの袋がかわいい。もちもちのおだんごと、きなこが絶妙です。

なお、仲見世では食べ歩きができないので、指定の場所で食べましょう。

 

ピンクの紙袋にハイったきびだんごの写真。きびだんごはひとつがいっせんちくらいの小さなおだんごで、数個がくしにささっていっぽんとなっています
「きびだんご」(税込400円)は、ひと口サイズのあたたかいきびだんごの串が5本入り

 

持ち帰り用の「お土産きびだんご」や、「涼風抹茶」のパッケージもうさぎでかわいい。

 

おみやげきびだんごの写真。紙製の箱の中にはプラスチックの袋にハイっており、そのなかにはくしに刺さったきびだんごがじゅっぽんときなこがハイっています。 きびだんごはお湯で1分ゆでて、付属のきなこをかけて食べます。保存期間は1か月とあります
「お土産きびだんご」じゅっぽんいり(税込800円)は、ようれいとう

 

涼風抹茶のパッケージと、グラスに入ったドリンクの写真。プラスチックの袋にハイった袋をあけるといっぱいぶんずつ個包装になった粉末抹茶がろっぷくろハイっています約180しーしーのれいすいに対してひとふくろを、氷といっしょにかきまぜるだけで抹茶ドリンクのできあがりです。れいすい粉末抹茶にはほんのり甘みがついています
「涼風抹茶」(税込500円)は、1杯ぶん20ぐらむ入りの粉末抹茶がろっぷくろ入り。ほんのり甘みがついています

 

「浅草きびだんご あづま」ホームページURLは以下から

http://aduma.tokyo/kibidango/

 

「とらや」でもうさぎの和菓子が買えるって知ってた?

仲見世から歩いて数分の位置にある、松屋浅草。なんと、松屋浅草にある和菓子の老舗「とらや」でもうさぎの和菓子が買えます。うさぎの和菓子にもいくつか種類がありますが、今回はようかんのセット「こがたようかんごほんいりうさぎがらけしょうばこ」を購入。「夜の梅」「おもかげ」「新緑」の3種のようかんが、うさぎモチーフのパッケージに入った限定版です。

さらに5本をまとめて入れている化粧箱にもうさぎが。手のひらサイズで小さいので、新年のご挨拶の手土産にもぴったりです。

実は昨年、このシリーズでとらどしのようかんも買っていたのですが、おいしく食べたあとの化粧箱はこものいれにしています。この時期限定、なくなり次第終了とのこと。

 

こがたようかんごほんいりうさぎがらけしょうばこをあけた写真。ハガキくらいの大きさのピンクの紙製のケースに、個包装された5本のようかんが入っています。ようかんの個包装もうさぎがデザインされています
「こがたようかんごほんいり うさぎがらけしょうばこ」(税込1,620円)。おいしくてかわいくて、手土産にもぴったり

 

生菓子の「ゆめうさぎ」 も買いました。白いおもちであんを包み、耳と目のやきいんが押され、ころんとからだを丸めて眠るうさぎのお菓子「ゆめうさぎ」。あまりのかわいさについ買ってしまいました。「ゆめうさぎ」ってネーミングもかわいい。

ぴょんぴょん跳ねているうさぎモチーフはたくさんありますが、眠っているうさぎはなかなかレアかもしれません。「とらや」のなかでも、生菓子を取り扱っているお店で販売されているようです。ひとつ540円で、こちらもこの時期限定です。

 

ゆめうさぎの写真。撮影用にお皿にのせていますが、買ったときはひとつずつプラスチックのケースにハイっていました
「ゆめうさぎ」(税込540円)

 

「とらや」でうさぎのお菓子を買えるのも、12年に一度。なんだかいきじゃありませんか?

とくにようかんは、なくなり次第終了とのことなのでお早めに。

 

「とらや」浅草松屋売店ホームページURLは以下から

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=17

 

 

お店の名前もうさぎ! 老舗の和菓子屋「うさぎや」

浅草から少し足を伸ばして、上野へ。最後に紹介したいのが、「うさぎや」。こちらも和菓子屋さんです。

どらやきが有名な和菓子屋で、大正2年、初代の名を冠したもなかを看板商品に創業した、老舗の和菓子屋さん。お店の名前がうさぎなだけあって、入り口にもうさぎのオブジェが。

 

うさぎやのお店いりぐちの写真。屋根に、白いうさぎのオブジェがお客を見守るように鎮座しています
うさぎやの入り口、のうさぎさん

 

そしてもちろん、おまんじゅうもうさぎ。2022年の年末に行きましたが、案の定ならんでいました。

うさぎが好きなひとにはたまらないお店です。こちらでは、「うさぎまんじゅう」と、「どらやき」を購入しました。

うさぎまんじゅうは、甘すぎずあっさりしたこしあんを、ふっくらしたきじでつつんだ、上品で繊細な味。ひと口で食べられるサイズ感もいいです。

 

うさぎまんじゅうの写真。ひとつずつビニールでつつまれており、中央でとめてあるのりの部分をはがしてあけます。しろいきじに、やきいんの耳と、赤い目がかわいいです
「うさぎまんじゅう」(税込210円)は見た目もサイズもかわいい

 

どらやきは、うさぎモチーフではないけれど看板商品ということでつい買ってしまいました。とかちさんの小豆を使ったやわらかい粒あんと、ふっくらしつつ弾力のあるきじが絶妙です。

消費期限はせいぞうびからふつかかんのようですが、ホームページにも書いてあるとおり「はんばいびとうじつのほうが絶対おいしい」そうです。ひと口食べたら、ペロリと食べられちゃいます。買ってよかった…と思いました。

 

どらやきを二つに割った写真。こちらもひとつずつビニールでつつまれており、中央でとめてあるのりの部分をはがしてあけます
「どらやき」(税込240円)は粒あんいり

 

「うさぎや」のホームページURLは以下から

http://www.ueno-usagiya.jp

 

事前に営業スケジュールを確認してから行くことをおすすめします。

価格等は2022年12月31日時点のものです。

 

本文ここまで

 

記事一覧

ご褒美チョコや友チョコに。ビオセボンで買える手ごろなローチョコレートはいかが?

ひとふくろたべても140キロカロリー前後!魅惑のへるしーポテチ「焼きじゃがぷれみあむ」

TOPに戻る