このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

今年の夏も猛暑? 昨年と同様に35度以上が続く恐れも

炎天下の中で、黒い日傘をさす女性の写真でし

気象情報サービスを提供するウェザーニューズは、このほど今年の夏の天気や気温などを予想したリポートをまとめました。

それによると、今年の7月から9月の気温は全国的に平年より高く、観測史上最も暑くなった昨年に匹敵する暑さとなる可能性があるとしています。

梅雨明け後の7月下旬から8月上旬にかけて暑さのピークを迎えると予想しています。

チベット高気圧が日本付近まで張り出した場合は、太平洋高気圧と上空で重なり合って"ダブル高気圧"となり、35度以上の猛暑が続いたり、内陸部などでは40度前後の酷暑(こくしょ)になったりする恐れがあるとみています。

今年は7月中旬までに東北まで梅雨明けする見込みで、平年より早く暑い時期が始まりそうです。

 

残暑も厳しく

 

夏から秋にかけてラニーニャ現象が発生する可能性があります。

そうなった場合はフィリピン近海の対流活動が活発化する影響で太平洋高気圧の勢力が強まり、9月になっても日本付近は暖かい空気に覆われやすく、平年よりも気温が高くなると予想しています。

今年も厳しい残暑が続く可能性が高いようです。

同社は「こまめな水分補給などの暑さ対策をしっかり行い、熱中症に注意してほしい」と呼び掛けています。

 

 

 

本文ここまで

 

 

記事一覧

にっぽんかがくみらいかんパートナーロボット「ケパラン」、期間限定でダンスパフォーマンスをはつひろう!

TOPに戻る