このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

クリームシチューの「わけかけ論争」がついに決着 あなたはどちら派?

さらにもられたクリームシチューの写真。なかにはブロッコリーやにんじんなどの野菜がたくさん入っています

食品大手のハウス食品はこのほど全国の10代から60代の男女を対象に、クリームシチューをごはんと分けて食べる「わける派」か、ごはんにかけて食べる「かける派」か、いわゆるクリームシチューの「わけかけ論争」について調査を実施しました。

その結果、ごはんと「わける派」が68.0%となった一方で、ごはんに「かける派」は32.0%にとどまり、「わける派」の圧倒的な勝利となりました。

 

年代が高いほど「わける派」

年代別にみると、50代では「わける派」が76.0%、60代では87.0%となりました。年代が上がるにつれ「わける派」の割合が高くなりました。

一方、20代では「かける派」が44.3%、10代では51.3%と半数を超えました。若年層では「わける派」と「かける派」がおよそ半分ずつとなる結果となりました。

ハウス食品では「若年層で『かける派』が多いことから、今後さらに『かける派』が拡大していくことも考えられる」とみています。

 

“わける県”と“かける県”のトップスリーは…

また、「わける派」が多い都道府県の“わける県”を調べたところ、トップは「鳥取県」で、その割合は80.2%にも上りました。第2位は「島根県」で79.5%、第3位の「富山県」は78.9%と続きました。“わける県”の上位には西日本の都道府県が多くランクインしています。

一方、「かける派」が最も多かったのは「沖縄県」で、61.7%を占めました。沖縄県に続いたのは「青森県」で、その割合は49.6%に達しました。第3位は「東京都」で、48.5%でした。

トップの沖縄県以外は東日本に、“かける県”の上位が集中する結果となりました。

また、「沖縄県」は「かける派」の割合が61.7%と、6割を超えています。ハウス食品は沖縄県に「かける派」が多い理由について、「(沖縄のソウルフードである)タコライスなどに代表される『混ぜて食べる』食文化があり、ワンディッシュの習慣が根強いことが考えられます」と分析しています。

 本文ここまで

 

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る