このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

「職場でイジメ」を目撃! でも半数以上の人は見て見ぬふり

きゅうとうしつで男性の上司から叱責される女性の写真

職場でイジメを目撃したり、相談を受けたりした経験があっても、半数以上の人は見て見ぬふり—
就職や転職の相談サービスなどを提供するライボの調査機関「Job総研」がこのほど社会人の男女650人を対象に実施した「2023年 職場イジメの実態調査」でこんな実態がうかびあがりました。

調査の中で「職場イジメの目撃や相談の有無」について聞いたところ、「相談を受けた経験がある」は16.2%、「目撃した経験がある」が22.6%、「噂で聞いた経験がある」が21.1%と、何らかの形で「職場でイジメの存在を知り、相談・目撃の経験がある」と回答した人の割合は合計で59.9%にも上りました。この約6割の人の中で、「何もしなかった」と回答した人の割合は52.2%を占めました。

その一方で、「一緒に解決に動いた」人は47.8%となりました。そのうち「解決した」との回答は25.2%にとどまりました。

 

イジメの加害者、トップは…

また、「イジメの加害者になっていたと思うか」と質問したところ、「思わない派」が72.4%、「思う派」が27.6%という結果になりました。一方、「イジメの被害者になっていたと思うか」と聞いたところ、「思う派」が66.8%、「思わない派」が33.2%となりました。

被害者になっていたと「思う派」に対し、「誰から被害を受けたか」と聞くと、トップは「上司」で、その割合は45.8%に達しました。第2位は「先輩」で、40.7%でした。

第3位は「同じ地位・役職」が30.2%と、年上からの被害が多い結果となりました。

さらに、被害後の影響を聞くと、トップは「モチベーションが下がった」で、その割合は46.3%を占めました。次いで「職場に行きたくなくなった」が43.3%、「周りを信用できなくなった」が36.5%となりました。

 

離職率、生産性に影響も

現在、職場トラブルの相談で、最も多いのが“イジメ”に関するものとされています。その件数は年々、増加しています。

厚生労働省が設置する職場のトラブルに関する相談窓口「総合労働相談コーナー」に寄せられた相談件数は3年連続で120万件を超えました。また、民事上の個別労働紛争ではイジメの相談が11年連続で最多になっています。

同社は「こうした職場のトラブルは離職率や生産性などに影響し、人手不足を招きかねない」と注意を呼びかけています。

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る