このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ポーチに入れて持ち歩きたい!シヤチハタのネームいん「リピン」がかわいい

メイクポーチの中身をひろげた写真。黒いポーチのなかから、香水、リップグロス、口紅、アイライナー、アイシャドー、マスカラが出ていますが、このなかのどれかがネームいんです

最近、ハンコを変えました。いつも格安のものを使っていたのですが、そろそろちゃんとしたものが欲しいなと思って。

ハンコを押す機会も以前と比べてだいぶ減った気がするけれど、まだまだゼロにはならないし、いざというときに忘れるので、少しでも持ち歩きたくなって、押すときにテンションがあがるものを探していました。

そんなとき、あのシヤチハタのオンラインショップでぴったりなものを見つけました。正直に言うと、ひとめぼれです。トップ画像のなかにそのハンコがいるのですが…さて、どれでしょう?

 

正解は…これ!

 

リピンという口紅そっくりのねーむいんの写真。ハイっている紙の箱もコスメを意識したような箱です
口紅…ではなく「リピン」といいます

 

先行販売を経てついに一般販売がスタート

口紅のようなみための「リピン」は、本物のリップのようなピンクゴールドの容器のネームいん。口紅を出すようにスティックを回せば、美しい色の印面が出てきます。

2022年11月から応援購入サービス「マクアケ」にて先行予約販売を開始し、プロジェクト終了時には目標の2351%という数字に達するほどの人気ぶり。

そして2023年5月26日からは公式オンラインストア「シヤチハタオフィシャルショップ」にてついに一般販売がスタートしました。価格は3900円。

 

インキの色ごとに異なる3種類のリピンの写真
3種類あります

 

社員の発案で誕生

「事務用品のシヤチハタというイメージを覆し、かわいくておしゃれで自分が欲しいと思う商品を作りたい!」という女性社員の想いから誕生したという同商品。

実際に口紅で使用されるピンクゴールド調の容器を使っているそう。口紅を出すようにスティックを回せば、本物のリップのような色合いの印面が出てきます。うっとりするくらいかわいい。

 

リピンのフタをとって、くりだしたときの写真
たしかにハンコ

 

インキの色もリップみたい!

インキの色も従来の朱色とは異なり、自分に似合う色を表すイエベ・ブルべを意識したオリジナルカラーラインナップ。シヤチハタのインキ配合技術を駆使して開発した「ルビーレッド」「サンセットオレンジ」「プラムピンク」の3色から選べるというこだわり。

リップでも使用されるようなイエローベース、ブルーベースを意識したこだわり抜いた色たち。リップにもありそうで、ハンコとしても使える色あいなんて、シヤチハタさんさすが…!

 

ルビーレッド、サンセットオレンジ、プラムピンクのネームいんをおしたサンプルの写真。本当に口紅にありそうな色あいだけれど、ハンコとしてもしっかり使える色なのがさすが
左から「ルビーレッド」「サンセットオレンジ」「プラムピンク」

 

実際に購入するときも、どの色にするか迷いました。メイクするときならこの色なんだけど、今回はハンコだからな…と。全部ほしくなるくらいの再現度です。迷った結果、「ルビーレッド」にしました。

 

リピンのフタと、フタをとった本体、箱の写真。横からみても本物の口紅のようです
イエベ・ブルべってまさにコスメ…

 

彫刻する文字はシヤチハタフォントを使用。スタンプ専門メーカーならではの技術による、シヤチハタ独自のフォント開発です。なつ印するときに最も美しく、絶妙なバランスになるよう作成されたフォント。5種類のフォントのなかから選べます。

印面サイズは日本じゅうで「シャチハタ」の名称で親しまれているみとめいん「ネーム9」と同じく9.5ミリメートル。縦書きで最大6文字まで入れられます。

 

ふせんしにリピンを押しているようすの写真
ペタッ

 

付属品として、本体インキ色と同じ色の専用補充インキが1個ついてきます。

 

インキの写真。手の指の大きさくらいの小さなボトルにハイっています
インキ

 

ハンコをペタペタ押すあの作業のような時間も、あれはあれで好きだったけれど…これにしてからちょっとだけ楽しくなりました。うれしくなっていつも以上にハンコを押しまくったのは、言うまでもありません。

 

シヤチハタオフィシャルショップ「LIPIN(リピン)」ページURLは以下から
https://www.shachihata.jp/products/detail.php?product_id=9084

 

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る