このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2023年、夏の旅行 キーワードは“海外旅行気分”と“猛暑づかれ”

ホテルの部屋からみえるプールと、うみの写真

ヤフーが運営するインターネット旅行予約サービス「Yahoo!トラベル」はこのほど国内ツアーの予約状況からまとめた調査リポート「2023年の夏旅行トレンド」を発表しました。

今年8月から9月の国内ツアー旅行の予約状況を分析したところ、新型コロナウイルスまんえん前の2019年と比べて、旅行日数、予約単価ともに増加したという。

旅行日数は1泊旅行が減少し、2泊以上が約1割増加、1回あたりの旅行費用は約3割増加していることがわかりました。

 

北海道や沖縄などが人気

旅行日数の変化の要因として、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが季節性インフルエンザと同じ「5類」に移行したことに伴い、ふくすうはく旅行へのマインドが変化したことを挙げています。

旅行費用の増加については、インバウンドを含めた旅行需要の回復による価格上昇などを理由に挙げています。また、北海道や沖縄など人気エリアへの旅行の需要も根強いと分析しています。

今年の夏旅行は、国内でありながら“海外旅行気分”が味わえる宿に注目が集まっています。「円安の影響で、海外旅行は経済的に厳しい」といった理由で、海外旅行を見送る人も多いようです。傾向としてはオーシャンビューの部屋やプール、スパが併設され、海外リゾートの雰囲気を味わえる宿が人気となっています。

また、避暑地での「おこもり旅」も注目されています。全国的に厳しい暑さが続いており、避暑地や静かな宿で、温泉や美食を堪能しながらのんびりと過ごす、そんな“猛暑づかれ”をいやす旅行が人気のようです。

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る