このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ビジネスパーソンの夏休み 若年層は「タイパ」、ミドルシニア層は「コスパ」を意識

海水浴を楽しむ女性の写真

今週末からお盆休みが始まります。

故郷へ帰省したり、旅行などに出掛けたりする人も多いでしょう。

人材サービスのスタッフサービス・ホールディングスはこのほど17から62歳までのビジネスパーソン920人を対象に、「働く人の夏休みに関する実態・意識調査」を実施しました。

そのなかで、夏休みの過ごしかたの希望を聞いたところ、若年層は「タイムパフォーマンス(タイパ)」を、ミドルシニア層では「コストパフォーマンス(コスパ)」を意識しており、世代間による価値かんの違いが浮き彫りとなりました。

 

「思いっきり楽しみたい」

夏休みは「タイパを意識して過ごしたいか」と聞いたところ、Z世代の58.2%、ミレニアル世代の54.8%が「タイパを意識する」と回答しました。その一方で、バブル期世代の回答率は39.4%にとどまりました。また、「コスパを意識して過ごしたいか」と聞いたところ、バブル期世代の60.6%、就職氷河期世代の55.9%は「コスパを意識する」と回答しました。一方、Z世代、ミレニアル世代の回答率はともに50%を下回りました。

さらに、夏休みにかける思いについて質問したところ、「今まで我慢したので、思いっきり楽しみたい」との回答が54.1%となり、全体の約半数が今年の夏休みに対して期待しているようです。なかでも、Z世代の74.7%は「思いっきり楽しみたい」と若い世代ほどアクティブに過ごしたいと考えており、世代が若くなるほど期待値が高くなっています。

 

平均予算は1.5倍の12.4万円

また、今年の夏休みの予定を聞いたところ、全体のトップは「宿泊をともなう国内旅行」で、その率は35.4%に達しました。「グルメ、飲み会」が21.0%、「帰省」が20.5%、「自宅での読書、映画鑑賞、テレビ視聴」が19.1%と続きました。

夏休みにかける予算を聞いたところ、全体の平均予算は前年比1.5倍の12.4万円と大幅に増えるようです。

本文ここまで

 

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る