このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2023年の夏、全国的に平年より暑く 西日本や沖縄を中心に猛暑

もうしょびに公園の噴水で遊ぶ子供たちの写真

気象情報サービスを提供するウェザーニューズはこのほど、7月から9月までの気温は全国的に平年より高く、平年より暑い夏になりそうだと予想しました。7月下旬から8月上旬にかけて暑さのピークを迎え、西日本や沖縄を中心に猛暑になると予想しています。

ウェザーニューズは「運動をする場合は水分補給などの暑さ対策をしっかり行い、熱中症には十分に注意してほしい」と呼びかけている。

 

梅雨明け後は猛暑も

7月になると、太平洋高気圧が本州付近への張り出しを次第に強め、7月中旬には本州付近に停滞している梅雨前線が日本海から東北付近まで北上する見込みです。

このため、今年は7月中旬までに西日本や東海地方、関東甲信地方で梅雨明けするところが多く、平年と同様に暑い時期が始まりそうです。7月下旬には東北地方でも梅雨明けとなりそうです。

今年の夏も梅雨明け後は夏の空が広がって、暑さのピークには厳しい日が続く時期があると予想しています。

 

残暑も厳しく

7月から9月の平均気温は全国的に平年より高く、全国的に暑い夏になりそうです。7月は西日本や沖縄を中心に平年より高く、暑さの厳しい日もあるでしょう。

8月は中旬以降で暑さの和らぐ時期がありそうですが、西日本や沖縄を中心に平年より高く、残暑が厳しくなりそうです。9月は全国的に高温傾向となり、前半を中心に残暑が厳しくなると予想しています。

本文ここまで 

 

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る