このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

食品、止まらぬ値上げラッシュ 6月は3575ひんもく

スーパーマーケットの「調味料」売り場の写真。6月に入っても食料ひんの値上げが続いています

食品の値上げラッシュが続いています。
早いもので今年も折り返しとなる6月になりましたが、食品の値上げの勢いはとどまるどころか、増すばかりです。下期以降も家計への負担は増していきそうです。

民間調査会社の帝国データバンクによると、6月に値上げを予定するいんしょくりょうひんは3575ひんもくにのぼるとしています。「カップ麺」や「調味料」などの幅広い商品が値上がりします。

帝国データバンクは今後の動向について、「2023年の値上げは少なくとも今秋にかけて断続的に続き、7月にも年間3万ひんもくを突破する予定です」と分析しています。

 

「カップ麺」と「調味料」が値上げの中心

品目別の6月の値上げは「調味料」が1674ひんもくで、2022年11月以来となるすべての食品分野で最多となりました。「家庭用つゆ・だし製品」や「チューブ練りわさび製品」などで値上げする。

「加工食品」は1612ひんもくで、このうち500ひんもくを超えるのが「カップ麺」などの即席麺製品としています。

帝国データバンクの調査によると、昨年以降、調査対象となる195社のうち9割以上の企業で1回以上の値上げが行われたとしています。

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る