このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

「日やけどめ」を塗ると、運動時の疲労感が軽減

青空のもとで、ジョギングを楽しむ女性たちの写真です

「日やけどめ」を塗ると、運動時の疲労感が軽減する。
化粧品(けしょうひん)大手のコーセーはこのほど屋外で運動する時に日やけどめを使用すると、疲労感が軽減される可能性を確認しました。
日やけどめを使用する目的の一つに「美容」があります。
しかし、同社は今回の研究成果により、「その目的は運動時の疲労軽減まで広がる可能性がある」と力を込めています。

 

運動時の日やけと疲労の関係は

紫外線はシミやシワの原因の一つとされています。
長いあいだ紫外線を浴びると、シミやシワが目立つようになります。このため、老若男女を問わず紫外線対策が不可欠となっています。
また、日差しが強い日に運動すると、一段と疲れを感じるとされており、近年では「紫外線」と「疲労」の関係にも注目が集まっています。
運動時に紫外線対策をすると、疲労が軽減し、運動パフォーマンスの向上につながる可能性があると考えられています。

目から入った紫外線は酸化ストレスを生じ、疲労を感じさせることがすでに知られています。
しかし、肌への紫外線の影響、すなわち日やけと疲労の関係については十分に科学的な検証はされていませんでした。
そこで同社は運動時の日やけと疲労の関係のほか、日やけどめによる疲労軽減の効果を検証することにしました。

 

運動終了後に有意な差

今回の研究では運動時の日やけと疲労の関係を明らかにするため、健康な男女20人に、半そでと半ズボンの日やけをしやすい服装で屋外にてエアロバイクを漕ぐという運動を120分間、行いました。
この際、紫外線保護メガネを着用してもらうことで、目からの紫外線の影響を除外しています。

また、同様の試験を日の当たらない屋内でも実施しました。
疲労の評価は疲労学会「抗疲労臨床評価ガイドライン」に掲載されている2種の血中の疲労マーカーと疲労感のアンケートで評価しました。

それぞれの項目について、運動前、運動直後、運動が終了してから30分、60分、90分、120分、180分後に測定し、各測定時での疲労の変化について統計解析を行いました。

その結果、いずれも屋外での数値が大きく、血中の疲労マーカーでは疲労の一因とされる「酸化ストレス」が運動を終了してから30分後、疲労からの回復の指標となる「抗酸化力(こうさんかりょく)」では運動を終了してから90分後にそれぞれ有意な差がみられたとしています。
このため、同社では「目からの紫外線の影響を除外した環境でも、日やけにより運動時の疲労が高まることを確認した」と結論づけています。

 

新しい価値研究の糸口に

次いで日やけどめによる運動時の疲労軽減効果について検証しました。
試験の参加者に日やけどめを肌の露出部位すべてに塗った場合と、塗っていない場合の2つの条件で運動をしてもらいました。
すると、日やけどめを使用した場合の疲労感は使用しなかった場合と比べて、運動終了直後から180分後まで有意に低くなることを確認したといいます。
また、血中の疲労マーカーの酸化ストレスにおいては、日やけどめを使用した参加者の数値が運動を終了してから30分後に低くなる傾向が認められたとしている。

同社は今後の展開について、「日やけどめの新しい価値研究の糸口となるため、今後はさらに詳しい検討をおこなっていきたい」と意欲を燃やしています。

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る