このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」2024年3月末でサービス終了

新型コロナワクチン接種証明書アプリのアイコン画像。あかじに白でえがかれています

デジタル庁は2月20日、2024年3月31日をもって「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のサービス提供を終了することを発表しました。

サービス提供の終了の背景として、国内では接種証明書を必要とする場面はほとんどないこと、海外に渡航する際も接種証明書が必要な国は極めて少ない状況になったことをあげています。

 

同アプリでの接種証明書の発行は3月31日まで可能

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」での接種証明書の発行は、2024年3月31日まで可能とのこと。

なお、2024年4月以降に海外渡航などで接種証明書が必要な場合は、市区町村にて紙媒体で発行できるという。そのほか詳細はデジタル庁ホームページにて。

 

デジタル庁ページ URLは以下から
2024年2月20日:「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のサービス終了(2024年3月31日)について

https://www.digital.go.jp/policies/vaccinecert

 

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る