このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

新入社員だけのもの?「働きかたの満足度」が“ごがつびょう”と関連

部屋の片隅で頭をかかえながら座りこむ女性の写真

待ちわびた春の大型連休もあっというまに終わり、日常生活に戻るのが“苦痛”と感じている人も少なくないでしょう。大型連休明けは体調の変化が起こりやすく、新入社員がなりやすい“ごがつびょう”もちょうどこの時期から増えるようです。

その症状として「職場に行きたくない」「気力がない」といった体調に変化が現れるとされています。新入社員がなりやすいという印象がありますが、幅広い年齢層の多くの人がなっていることが住宅メーカーの積水ハウスがこのほど実施した調査で分かりました。

 

35.0%が“ごがつびょう”を経験

今回は積水ハウスの研究機関「じゅうせいかつけんきゅうじょ」が全国の20から60代の男女を対象に大型連休明けに体調が変化した経験や、その原因、リフレッシュ方法などを調査しました。

その結果、2022年の大型連休明けは35.0%の人が体調に変化があったことが分かりました。

体調に変化があったと回答した人のうち最も多かったのは、「職場に行きたくない」が50.3%でした。続く2位は「気力がない」で、45.0%となりました。3位の「気分が落ち込む」は41.3%となり、気分に関わる変化が上位を占める結果になりました。

 

年齢は関係なし

さらに、“ごがつびょう”になった人の割合を年齢別にみると、20代が43.3%、 30代が45.0%と、20から30代がとりわけ高かったとしています。また、50代も3割近くが経験しており、年齢はあまり関係ないようです。

勤続年数別で最も多かったのが「3年以上5年未満」で、その割合は61.0%に達しました。同社では「ごがつびょうは若者や新入社員に限らず、誰にでも起こりえるものと考えられます」と分析しています。

一方で、「働きかた」や「睡眠」「入浴の質」「家族とのかんけいせい」などで満足度が高い人ほど“ごがつびょう”になりにくいこともわかりました。

なかでも「働きかた」において「満足」または「おおむね満足」と回答した人のうち26.5%が、「少し不満」または「不満」と回答した人のうち50.4%が2022年に“ごがつびょう”になっており、とくに「働きかたの満足度」との関連が大きいといえそうです。

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る