このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

アサヒビール、東京・銀座に日本初の没入型ビールのコンセプトショップをオープン

スーパードライイマーシブエクスペリエンスの内観写真。赤と黒がベースのスタイリッシュなくうかんです

ビール大手のアサヒビールは4月25日、東京・銀座に「『スーパードライ』の世界観を没入する」をテーマにしたビールのコンセプトショップ「SUPER DRY Immersive experience」(スーパードライ イマーシブ エクスペリエンス)をオープンしました。

没入型のコンセプトショップは日本で初めてとしています。開設は期間限定で、9月30日までとなります。営業時間は午前11時から午後10時まで。入場料は700円で、ビール1杯とポップコーンが味わえます。

ビールを注ぐ男性スタッフの写真です
キンキンに冷えたビールが楽しめます

 

スーパードライの製造を体験

コンセプトショップはビール党はもちろん、そうでない人も楽しめる体験型の施設で、地下1階、1階、2階の3フロアで構成しています。
2階では同社茨城工場・吹田工場に併設されている「ミュージアム」の人気コンテンツで「スーパードライ ゴーライド」を展開しています。

幅11メートル、高さ2.3メートルの巨大スクリーンに、自身があたかも製造中のビールの缶に乗っているかのように映し出され、製造の速度や迫力を体験できるとしています。

「スーパードライ」の世界に没入するコンテンツ「スーパードライ ゴーライド」の写真です
「スーパードライ ゴーライド」

 

「泡アート」や「サーブ体験」も

1階のバーでは「スーパードライ」と「スーパードライ エクストラコールド」を楽しめます。
機械でビールの泡に文字や画像を描く「泡アート」や、顧客自身が樽生ビールを注ぐ「サーブ体験」などもできるという。また、ビールに合うフードメニューも用意しています。

フードメニューの写真です。ソーセージや野菜など、ビールに合いそうなメニューが6種類ならんでいます
ビールに合うフードメニュー

 

同社の倉田剛士(くらた たけし)マーケティング部長は新コンセプトショップについて、「アフターコロナを機にリアル店舗のニーズが高まっています。スーパードライの魅力を発信していきたい」と力を込めています。

 

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る