このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

森永製菓、米国から逆輸入の「ハイチュウ」を発売

森永製菓が発売する新商品「ハイチュウアソート・ファンタジーミックス」のパッケージ写真

森永製菓は8月1日、米国で大ヒット中のソフトキャンディ「ハイチュウアソート ファンタジーミックス」の味を再現した商品を日本で販売します。

商品の名称は米国同様に「ハイチュウアソート ファンタジーミックス」となります。

フレーバーは3種類で、色々なフルーツの味を混ぜたシャーベットをイメージした「レインボーシャーベット味」をはじめ、柑橘やパイナップルの味わいを楽しめる「ブルーハワイ味」、実際には存在しない架空のフルーツ「ブルーラズベリー」の味わいをイメージした米国で定番のフレーバー「ブルーラズベリー味」を用意しました。

価格はオープンで、学生や30から40代の女性を中心に訴求していく考えです。

 

全米で人気ナンバーワン

米国からの逆輸入となる「ハイチュウアソート ファンタジーミックス」は米国で2022年1月に発売しました。

2022年に全米で発売されたキャンディの新商品の中で売り上げナンバーワンを獲得した人気商品で、2022年度の売上高は前年比38.9%増の146億円と急拡大しました。

日本で販売に踏み切った理由について、森永製菓は「アメリカで人気の『ハイチュウ』を食べてみたい」との消費者の声にこたえたと説明しています。

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る