このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ブラックサンダーに公認パチモンあらわる!「白っぽい!?ブロックサンダー」が登場

白っぽい!?ブロックサンダーのパッケージとなかみの写真

ゆうらくせいかから、ブラックサンダーシリーズの「白っぽい!?ブロックサンダー」が登場。2023年3月なのかから、全国のファミリーマート約16,500店舗にて数量限定で販売中です。ひとふくろ42グラム入りで、価格は税込130円。

 

公式ライバルという刺客

「白っぽい!?ブロックサンダー」は、ブラックサンダーとの対比をテーマに、公式ライバルとして誕生した新商品。
公式ライバル商品は2021年から登場し、今年はだいさんだん。今回はブラックサンダーシリーズの定番商品の「ブラックサンダーひとくちサイズ」をライバル視しているといいます。
ブラックサンダーの黒に対して、白っぽさが特長。くせになるコクが特長のホワイトチョコレートをベースに3種類のチョコレートをブレンドし、白っぽいクリーミーなおいしさに仕上げているそう。ブラックサンダー特有のチョココーティングをなくし、ザクザク感をダイレクトに楽しめるのもポイントです。

 

こだわりは商品のネーミングにも

ライバル視しているのは風味だけではありません。今回登場する新商品では、ネーミングが「ブラックサンダー」に対し「ブロックサンダー」と命名されています。ライバル意識むき出しです。
これまでたくさんのプレスリリースを見てきましたが、プレスリリースで「パチモン」という言葉を見たのは初めてです。どれだけパチモンなのかを確かめなければなりません。使命感すら感じました。

 

ほとばしるパチモン感

ファミリーマートで無事にゲットしました。パッケージにも大きく「パチモン感100%ごえ」と書いてあります。ここまで堂々とパチモン宣言していると、清々しさすら感じます。結論から言うと、パチモンにしなくてもよかったんじゃない?と思うくらいにおいしかったです。

白っぽい!?ブロックサンダーのパッケージ写真
中央の目立つ位置にパチモンと書いてあります

 

ライバルどうし並べてみると、パッケージのレイアウトからしてそっくり。細かい部分まで見ると微妙に違うという、見事なまでのパチモン感。
しかもよく見ると、パッケージの社名のロゴが、これまでの公式ライバル商品と同様に「ユーラク」と同じフォントで「ユニーク」になっていました。芸が細かいです。

ブラックサンダーひとくちサイズのパッケージと白っぽい!?ブロックサンダーのパッケージを並べた写真
パッケージからクオリティが高い

 

プラスチックの袋の中には、しかくいブロックサンダーがごろごろと入っています。チョコレートのコーティングがないので、ザクザクとしたあのしょっかんをたっぷり楽しめます。チョコレートコーティングも好きだけど、こちらのほうが指の温度でチョコが溶ける心配も少ないです。

ブラックサンダーひとくちサイズのパッケージと白っぽい!?ブロックサンダーのなかみとパッケージの写真
食べくらべするしあわせ

 

ブラックサンダー特有の、ほんのりとした塩気はちゃんとあります。ところどころにブラックサンダーっぽさがありつつ、「でもちょっと違うんだよなぁ」というパチモン感もしっかりあります。個人的には、とっても好みの味でした。パチモンに感動する日がくるなんて。定番になってほしいな。

 

ブラックサンダーファンサイトは以下URLから

https://blackthunder.jp/

 

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る