Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

案外つかってる?Z世代が選ぶ「”おじさん”を感じる顔文字」

スマホをもった顔文字が、お、おじさん…!とつぶやいている画像


メールやチャットでなんとなく使っているその顔文字、もしかしたら「おじさんっぽい」って思われているかもしれません。
バイドゥは、同社が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「しめじ」ユーザーへ、アプリじょうでアンケートを実施。10歳から24歳までの、いわゆるZ世代の男女563名のしめじユーザーを対象に「おじさんと感じる顔文字」 について調査を行いました。集計期間は2022年6月27日から2022年7月5日。同社によると、メッセージの内容や構成だけではなく、使用している顔文字も世代を感じるポイントとなるようです。

第1位 あせるの顔文字

1位の、「あせる」を表す顔文字の画像。笑顔の顔文字に汗がたれている様子を表しています。まるかっこふたつで顔の輪郭、キャレットふたつで笑った目、アンダーバーで口、セミコロンで汗を表した「あせる」という意味を表す顔文字
あせる

 

1位は「あせる」を表す顔文字。「汗はおじさんっぽい」「おじさん感が1番つよい」「現代っぽくない」「必死感がする」「Theおじさんっていう感じが満載」「汗汗って感じがなんかおじさん」とのコメントが集まったそう。顔文字の中にセミコロンを使い、汗をかいている部分におじさん感がでるようです。

 

第2位すきの顔文字

2位の、「すき」を表す顔文字の画像。ウインクして星が飛んでいる様子を表しています。まるかっこふたつで顔の輪郭、キャレットひとつで笑った目、ハイフンでウインクした目、アンダーバーで口、輪郭の外にハイフンと星を合わせた「すき」という意味を表す顔文字
すき

 

2位は「すき」を表す顔文字。「カッコつけてる感がすごい」「年代がすぐ出る」「今どき古い」とのコメントが集まったそう。なかなか辛辣なコメントです。スマホの予測変換で出てくる定番の絵文字も、令和を生きるZ世代には古く感じるということでしょうか。

 

第3位わあのかおもじ

3位の、「わあ」を表す顔文字の画像。笑顔で両手をあげている様子を表しています。まるかっこふたつで顔の輪郭、キャレットふたつで笑った目、アルファベット小文字のおーでまるく開いた口、顔文字の両端に、スラッシュとバックスラッシュを組み合わせて両手を挙げているように見せた「わあ」という意味を表す顔文字
わあ

 

3位は「わあ」を表す顔文字。「おじさんくさい」「なんかダサい」「パパが使ってる」とのコメントが集まったそう。両手を上げて喜びを表現しているような顔文字ですが、匿名電子掲示板サイト「2ちゃんねる」で絶望を表す顔文字として使われ始めたことをきっかけに「人生オワタ」という意味を込めて使う人が増えたようです。2005年ごろに流行った顔文字というと、今から15年以上前。そう考えるとZ世代にはあまり馴染みがないのかもしれません。

 

第4位よろの顔文字

4位の、「よろ」を表す顔文字の画像。おそらく「よろしく」の小略語。申し訳なさそうに手をついておじぎしている様子を表しています。まるかっこふたつで顔の輪郭、アンダーバーで下をむいた目を表し、顔文字の両端にアルファベット小文字のエムを添えて、手をついているように見せた「よろ」という意味を表す顔文字
よろ

 

4位は「よろ」を表す顔文字。「パパが使ってる」「固定感がある」「古い」「可愛くない」とのコメントが集まったそう。お願いや感謝、謝罪を意味する際などに使う、さまざまな場面で活用できる汎用性の高い顔文字も、Z世代とコミュニケーションをとる際は少し注意が必要かもしれません。

 

第5位しまったの顔文字

5位の、「しまった」を表す顔文字の画像。口をあけて青ざめながらびっくりしている様子を表しています。まるかっこふたつで顔の輪郭、全角のオーバーラインふたつで目を表し、四角で空いた口、半角わきぼうせんさんぼんでがびーんとしている様子を、顔の外にしぐまをつけてびっくりした様子を表す「しまった」という意味の顔文字。
しまった

 

5位は「しまった」を表す顔文字。「なんか…おじさんっぽい」「パパが使っている」「ダサい」とのコメントが集まったそう。驚いた様子や思わず声を出して、えっ!と驚いたときなど、大きめのリアクションを表現したい時に使う顔文字。Z世代は顔文字ではなくスタンプを活用することが多いようなので、この顔文字はかえって新鮮に感じるのかもしれません。それにしても、「パパが使ってる」というコメントが目立ちますが、それだけコミュニケーションをとっている証拠ですね。

 

携帯の予測変換で出てくるような、定番の顔文字がちらほらランクインしていました。思わず納得した人、ドキッとした人、せつなくなった人。今は古いと思われても、もう何年か経てば一周まわって新鮮になる日がくる…かもしれません。

 

6位から10位までは以下のURLから

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000603.000006410.html

本文ここまで

記事一覧

ころなかで広がる自宅トレーニング。でも約4割が始めたくても始められない

TOPに戻る