このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

2024年ゴールデンウィークの天気は“暑さ”に注意 まなつびになる所も

快晴の日に泳ぐ黒と赤の2匹の鯉のぼりの写真です

2024年のゴールデンウィークの天気は“暑さ”に注意が必要となりそうです。

今年の大型連休は今週末の三連休からいよいよ始まりました。
気象情報サービスを提供するウエザーニューズがこのほどまとめた今年のゴールデンウィークの天気予報によると、前半の3連休は最高気温が高くなると予想しています。

最高気温が25度以上になるところが多く、所により30度以上になる可能性もあるとみています。熱中症に注意する必要もありそうです。

2024年のゴールデンウィークの天気をあらわした図です。全国てきにごがつふつかあたりまではあめもようのエリアもおおそうです
2024年ゴールデンウィークの天気

 

気圧配置は例年のゴールデンウィークと同様に数日の周期で変化し、低気圧や前線が繰り返し影響しそうです。また、本州の南に前線が停滞することが多いと予想しています。

低気圧の去ったタイミングも太平洋側ほど雲が多くなる可能性があります。

 

ゴールデンウィークの初日と中盤は広い範囲で雨

前半の3連休の初日となる4月27日ごろは東日本や西日本の太平洋側を中心に雨が降りやすくなるとしています。
その後、中盤となる5月1日の前後にも低気圧の影響で広い範囲で雨が降る可能性があります。
また、沖縄は前線が近くに停滞する日が多いため、梅雨のように曇りや雨の日が多くなる見込みです。
日差しが届くタイミングはあるものの、雨が強く降る日もありそうです。

 

中盤は気温が低下

ゴールデンウィークの中盤は天気の崩れなどから最高気温が低下する傾向となりそうです。北日本などでは最低気温が10度以下になる日もありそうです。
しかし、ゴールデンウィーク終盤には再び気温が上昇傾向になると予想しています。

 

本文ここまで

記事一覧

2024年の梅雨、東北から九州はみじかめ 総雨量は「平年並み」か「多い」予想

TOPに戻る