Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

ミズノ、「500歩サッカー」プログラムを発売

500歩サッカーをプレーする子どもの様子

ミズノは25日、スポーツの経験がなくても誰もが同じレベルで楽しめるスポーツ「500歩サッカー」のプログラムを発売した。

500歩サッカーで使用する選手の腰に装着するエルイーディーポーチとゲームで使用するクッションボール
「500歩サッカー」で使用するエルイーディーポーチとクッションボール

 

500歩サッカーは、歩数を制限して行う新感覚のサッカーで、一般社団法人世界ゆるスポーツ協会と共同で開発した。2019年ごろから商業施設やイベントなどでプログラムのトライアルを実施してきたが、このほどプログラム内容・デバイスが完成したため、商業施設や企業、自治体向けに本格展開に踏み切った。

 

選手の腰の部分に装着されたエルイーディーポーチ。残り歩数は500歩
選手の腰の部分に装着されたエルイーディーポーチ。残り歩数が表示される

 

500歩サッカーはミズノが開発した専用アプリが搭載されたスマートフォンと、アプリが連動して光るエルイーディーポーチを腰の背中側につけプレーする新感覚のスポーツ。スマホで歩数がカウントされ、1人500歩の持ち歩数が0歩になったら即退場となる。走るといった早い動きをすると、振動がスマホに伝わり、そのぶん歩数が早く減ってしまうため、体力や技術以上にチームでの戦略が勝敗のカギを握る。

残り歩数は自分からは見えない位置に表示される。チーム内で歩数を教えることが必要になるため、自然とコミュニケーションも生まれる。さらに、持ちほすうとエルイーディーのはっこうしょく・演出が連動する仕掛けにより、参加者だけでなく観客も楽しめるという。

 

エルイーディーポーチを装着した選手。残りの歩数は54歩。残り歩数が少ないため画面が赤く表示されている
エルイーディーポーチを装着した選手。残りの歩数が表示されている

 

また、使用するボールは、当たっても痛くないクッションボールを採用した。500歩という制限がプレーヤー全員にあるため、サッカーの技量や性別・年齢などの差がなくなり、誰もが一緒に楽しめる。また、多くの人が初めてチャレンジするスポーツのため、戦略をチームで立てる必要があり、自然とコミュニケーションが生まれる点も魅力になるという。企業やスポーツチーム、部活などでもアイスブレイクやチームビルディングとして活用できると期待している。ミズノは「今後、世界ゆるスポーツ協会と共同で500歩サッカーのデバイスを使用した歩数制限のあるスポーツ『ぽスポーツ』をシリーズ化し、拡げていく」と力を込めている。補足 ぽスポーツのぽ、は、歩くという漢字をあてている

 

500歩サッカーを楽しみ選手たちの様子
「500歩サッカー」を楽しむ選手ら

 

500歩サッカーについて、詳細は以下のURLから

https://jpn.mizuno.com/event_seminar/500po_soccer

本文ここまで

記事一覧

ころなかで広がる自宅トレーニング。でも約4割が始めたくても始められない

TOPに戻る