このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

視覚障害者にも撮影しやすいカメラキットが登場!

ソニーが3月末に発売する視覚障害者でも撮影しやすいカメラキット。ソニーのコンパクトカメラ「サーバーショット」に、専用のビューファインダーを取り付けている。写真は3月じゅうよっかからアメリカでおこなわれているしーさんの会場にて撮影した実物です

電機大手のソニーは3月にじゅうよっか、メガネやコンタクトレンズを装着しても日常生活に必要な視力がえられない視覚障害者も撮影できるカメラキットを発売します。

カメラキットはカメラ本体とファインダーのセットで構成されています。カメラが捉えた画像を網膜に直接投影するファインダーをカメラに取り付けることで、視力がよわいひとでもくっきりとした画像で認識できるようになります。

販売数量は限定で、購入できる台数は1人あたり1台としています。ソニーの直営店で実際に体験した人だけに販売します。カメラキットの税込み価格は10万9800円です。

 

ソニーが3月に発売するカメラキット「DSCHX99 RNV kit」を手に持ち、横からみた写真
カメラキット「DSCHX99 RNV kit」

 

カメラキットはレーザー機器メーカーの「QDレーザ」が持つ眼のピント調節能力の影響を受けにくいレーザ網膜投影技術を応用したファインダーとソニーのコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」を組み合わせることで、実現しました。

従来のビューファインダーや画面では撮影したい映像が見えづらかった人も、カメラがとらえる景色を網膜に投影することで、写真や動画を撮影することができるようになります。

 

カメラのファインダー部分の写真。片目だけのそうがんきょうのようです
しーさんで実際に覗いてみました。裸眼でわれいてんいち以下の視力ですが、そんな私がメガネをはずしてファインダーを覗くと…くっきりみえました

 

全世界に2億5000万人

ソニーらが想定するカメラキットの利用者は「ロービジョン」と呼ばれる何らかの原因でメガネやコンタクトレンズを装着しても日常生活で不自由をきたしている状態の人です。その数は世界中で2億5000万人、日本国内でも145万人にのぼるとされています。

なお、世界保健機関(だぶるえいちおー)では矯正視力0.05から0.3までを「ロービジョン」と定義しています。

 

ソニー「ウィズマイアイズプロジェクト」ページは以下URLから

https://www.sony.jp/cyber-shot/rnv/DSC-HX99-RNV-kit/

 

本文ここまで

記事一覧

非常用にも、旅行にも!スリーコインズの「圧縮ショート丈ソックス3足セット」が便利

視覚に障害がある人に避難マップを。アメディアがクラウドファンディングをスタート

TOPに戻る