Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

まさかの立体納豆パズルが登場

納豆パズルをくみたてている写真

メガハウスから、食品モチーフのパズル「解体パズルLiteシリーズ」に「解体パズルLite 納豆パズル」が9月上旬から登場。市販されている納豆の、あのパックを組み立てる立体パズルで、納豆ずきにはたまりません。海外にお土産として持っていったら盛り上がりそう。価格は市販の納豆よりもややお高めの、税込価格990円。

 

いかにもヘルシーそうなパズル、しかし…

同商品は、容器に入っている納豆を完成させるパズル。遊びかたは(は:わ)、6つの納豆パーツをうまく組み合わせて容器に入れ、フィルムと、からしシート、たれシートを入れて蓋をし、容器を3つ重ねてスリーブを巻くという4つの工程。こうやって聞くとシンプルですが、さらっと説明された6つの納豆パーツが気になります。

セット内容の画像。豆パーツが6個、蓋が1個、パーツが入る容器が1個、パーツがはいらない容器が2個、フィルムが1枚、スリーブが1枚、たれシートが1枚、からしシートが1枚入っています
納豆の容器の底のボコボコまでしっかり再現

 

ネバーギブアップ

6つそれぞれ異なる形状の納豆パーツは、正しい位置に入れないとふたが閉まりません。しかも納豆の粒がランダムにくっついてまとまっているため、ぱっと見た感じではどの面が上かもわかりません。容器も正しい順番で組み合わせないとかさならない仕様。フィルムとからし、たれ、スリーブまでついているあたりが本格的です。何回やっても楽しめそうなパズルですが、これで難易度がカンタンに設定されているとは…。納豆だけに、ネバーギブアップですね。

なお、同シリーズには難易度フツウの「にんにく」、難易度ムズカシイの「うに」もあります。

 

「解体パズルLite  納豆パズル」商品ページURLは以下から
https://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/3744/

本文ここまで

記事一覧

ころなかで広がる自宅トレーニング。でも約4割が始めたくても始められない

TOPに戻る