Loading...

このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

クエタとロナが次のトレンド…かも? 新たによっつのえすあいせっとうごが仲間いり

今回あらたになかまいりしたえすあいせっとうご、くえた、ろな、ろんと、くえくと

k、M、G、m、n…これらは何をさしているでしょう?

スクリーンリーダーでは「けー」「えむ」「じー」「えむ」「えぬ」と読みあげてしまいますが、正しくはkが「キロ」、 Mが「メガ」、Gが「ギガ」、mが「ミリ」、nが「ナノ」と読みます。これでピンとくる人も多いかもしれません。

さらに身近な例でいうと、パケットの通信料やパソコンの容量でよく聞く、ギガとかテラ。ギガは10のきゅうじょう、テラは10のじゅうにじょうを指し、どちらもとっても大きい数字のときに使用するせっとうごです。

 

新たによっつのえすあいせっとうごが仲間いり

大きな量や小さな量を端的に記述するために、国際単位系(えすあい)において規定されている、単位の倍量・分量をじゅっしんすうであらわすせっとうじのことをえすあいせっとうごと呼びます。

例をあげると、台風の中心気圧を示すヘクトパスカルはヘクトがせっとうご、パスカルが圧力の単位です。ヘクトは10のにじょうをあらわすせっとうごなので、1へくとぱすかるは100ぱすかるということになります。

これまで10のにじゅうよんじょうから10のマイナスにじゅうよんじょうの範囲で定められていましたが、2022年11月15日から18日にフランスで開催された第27回こくさいどりょうこうそうかいで、10のさんじゅうじょう、10のにじゅうななじょう、10のマイナスにじゅうななじょう、10のマイナスさんじゅうじょうをあらわすえすあいせっとうごの、クエタ、ロナ、ロント、クエクトを新たに追加することが決定しました。もっとかみくだいて言うと、えすあいせっとうごのいわゆる「もっともおおきいもの」と「もっともちいさいもの」のなまえがさらに追加で決まったということです。

 

くえたとろな、ろんととくえくとの大きさを数字であらわした画像。くえたはアルファベット大文字のきゅー、ろなはアルファベット大文字のあーる、ろんとはアルファベット小文字のあーる、くえくとはアルファベット小文字のきゅーであらわします。くえたわ1のあとにゼロが30こ、ろなわ1のあとにゼロが27こ、ろんとわ0てんのあとにゼロが26こ、そのあとに1、くえくとわ0てんのあとにゼロが29こ、そのあとに1です
数字にするとゼロだらけ

 

えすあいせっとうごの範囲が拡張されたのは、1991年以来、じつに31年ぶりのこと。昨今のデジタル情報量の急激な増加など、科学技術の発展が背景にあるといいます。

 

ギガやテラの制定は1960年

ギガもテラも、ここ10年くらいでよく聞くようになった単位ですが、どちらも1960年に制定されています。ギガは10のきゅうじょう、テラは10のじゅうにじょうです。意外と歴史がありますね。

 

ギガとテラの大きさを数字であらわした画像。ギガはアルファベット大文字のじー、テラはアルファベット大文字のティーであらわします
ギガは1 000 000 000、テラは1 000 000 000 000

 

ということは…近い将来、「クエタ」「ロナ」、「クエクト」「ロント」も当たり前に使われる時代が来るのかもしれません。私のように「クエタとロナって、なにかの登場人物?」なんてきかないようにしましょう。

 

計量標準総合センターURLは以下から

https://unit.aist.go.jp/nmij/info/SI_prefixes/indexS.html

 

本文ここまで

記事一覧

TOPに戻る