このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

あのエバラから、和牛専用焼肉のたれが登場!

エバラ食品から登場した和牛専用焼肉のたれの商品とディスプレイの写真。3種類のうち2種類はボトルに、1種類はビンにハイっており、3種類まとめて紙製の箱にハイっています

おうち焼肉をするとき、なにをつけて食べていますか?「専用のたれ」はごまんとありますが、あのエバラから「和牛専用焼肉のたれ」が登場しました。「オリジナル」「カンキツ」「Crispy Garlic」の3種類がセットで税込み3200円から。(掲載じてんでは税込み3700円から。)

応援購入サービスのまくあけで2023年7月18日から9月5日まで先行購入可能です。おうち焼肉がさらに楽しくなりそう。

 

エバラ食品の新プロジェクト

今回の商品は「オーサミート」というエバラ食品が立ち上げた新ブランドの商品。
食事の準備にかける時間を削減し、まるで仕事のように食事を「済ませる」人が増えているなかで、食事を通して素晴らしい(AWESOME)出会い(ミート)を生み出すことを使命とし、ワクワクするような商品を届けていくそう。

 

和牛に「たれ」は重たい?

ある日の商品開発会議で、同社の社員から「和牛のようなサシが入ったいいお肉で焼肉をする時に、たれが重たく感じて塩やワサビを使って食べるかたが増えている」という声があがったそう。

50年以上「焼肉のたれ」と向き合ってきた同社。「どんなお肉でも焼肉には『たれ』が一番合うんです」と自信を持って言うべく、「和牛焼肉のためのたれ」の開発チームが誕生したといいます。

そういえばわたしもちょうどこれを試食する数日前、和牛が大好きな海外の友人たちと和牛ビュッフェなるものを食べたばかり。たしかにそのときも、無意識にタレではなくレモンで和牛をいただいていました。エバラさん、あたってます…!

 

和牛に寄り添った「たれ」を

和牛に合うたれを作るために、和牛という食材そのものについての調査をしたところ、そのおいしさの特長は、「脂」由来のとろけるようなあまさと旨みだということがわかったそう。
一般的なぎゅうしの融点は40度から50度。しかし和牛の脂はそれよりも10度ほど低いため口溶けがよいと言われています。これは、オレイン酸が豊富に含まれている事に関係しており、オレイン酸の作用によって、口に入れた瞬間の口溶けのよさや、旨みの強さが特長づけられているから。

つまり、脂によるあまみと旨みが前面に出ているからこそ、塩やワサビといったシンプルでさっぱりと食べられる食べかたが好まれていると考えた同社。和牛という素材とケンカしない、和牛の特長に寄り添うような、和牛ファーストな「たれ」づくりがスタートしました。

 

完成した3種類のたれの商品写真。それぞれのパッケージにしまもようがえがかれており、よく見ると和牛のサシのようながらになっています
完成したのがこちら。このパッケージの模様、よく見ると和牛のサシ…?

 

どれも個性的!3種類のたれを試食

今回誕生したたれは「オリジナル」「カンキツ」「Crispy Garlic」の3種類。

「オリジナル」は、伝統的な製法で発酵・熟成させて造られたまろやかでコクのあるてんねんじょうぞうきおけこいくちしょうゆと、旨み豊かなたまり醤油に、芳醇な味わいが特長の黒みりんを合わせ、さんおんとう、わなしピューレ、ふくちホワイトろっぺんしゅにんにくなど、厳選素材をブレンド。厚みのある旨みと、複雑なコク深さが和牛のおいしさを引き立てます。

上品で食べやすい味でありつつ、唐辛子が含まれていることもあり、たれだけを試食すると後味がほんのりピリッとするのが特徴的。そのあと和牛につけて食べると…和牛のうまみと合わさって、あのピリッとした感じがどこかへ。一度で二度おいしい、とても不思議な体験でした。

 

「カンキツ」は、そのネーミングのとおりかんきつの爽やかな風味が特徴。本醸造醤油に、風味豊かな国産にんにくとしょうがを合わせ、ゆず果汁、ゆず果皮、オレンジペーストなどの厳選した柑橘素材をブレンド。さっぱりと和牛をたのしみたい人にぴったりのたれでした。

 

「Crispy Garlic」は、ローストガーリックとガーリックパウダーに、サクッとしたフライドガーリックと、ザクッと食べごたえのあるローストアーモンドを合わせたクリスピーな食感がたのしい焼肉のたれ。

変化球がほしいときにもぴったりな、パンチのきいた風味。フライドガーリックって、どこかしんなりとしているものが多いものの、このガーリックはどこまでもカリカリ感があって驚きました。たれになってもカリカリ食感が残っていることにちょっと感動。これと和牛と白米、間違いなく合うんだろうな…。

 

オリジナル、かんきつ、クリスピーガーリックのそれぞれのパッケージと、それぞれのたれを容器にうつした写真。オリジナルは赤のえがらのボトル、かんきつはうぐいすいろのえがらのボトル、クリスピーガーリックは黄色のえがらのビンにハイっています
左から「Original」「Kankitsu」「Crispy Garlic」左から「オリジナル」「カンキツ」「Crispy Garlic」

 

なお、「Crispy Garlic」と「オリジナル」、「Crispy Garlic」と「カンキツ」のダブルの組み合わせもおいしかったです。

 

異なる個性をもつ3つのたれは、その味を確かめるだけで和牛があっというまになくなりそうなおいしさ。50年以上たれと向き合ってきたエバラだからこそ誕生した、和牛のたれの最適解ともいえるかもしれません。これは和牛が好きな友人に紹介したかった…!

まくあけでのクラウドファンディング終了後、9月上旬に全サポーターへの配送が完了した後、EC専用商品として一般販売を予定しているそう。

専用のギフトボックスで届くので、自宅用としてはもちろん、贈り物、手土産にもぴったりです。

 

たれ3種類がハイった紙製の箱のうらがわの写真。たれをたらしているイラストがえがかれており、角度によってうきあがっているようにみえるトリックアートになっています
トリックアートになっているあそび心たっぷりのパッケージ

 

エバラ食品「和牛専用焼肉のたれ」プロジェクトページURLは以下から

https://www.makuake.com/project/awesomeet/

 

本文ここまで

記事一覧

「少し高い血圧」でも脳・しんけっかん疾患のリスクは「正常な血圧」の約2倍に上昇

TOPに戻る