このサイトはテキストサイズとハイケイショクを選ぶことができます。

また、クッキーを使用して設定を一定期間、保存しています。

拒否した場合は、設定が保存されません。

設定はパソコンの場合はページはじめに変更メニューがあります。

スマートフォンの場合はメニューボタンから変更できます。

きのこの山が、ひと肌脱いだ!「チョコぬいじゃった!きのこの山」が登場

チョコぬいじゃった!きのこの山のパッケージ写真。通常のきのこの山の紙製のパッケージそっくりですが、よく見ると、きのこのかさのチョコレートの部分が点線でえがかれています。シュールなパッケージです

毎日暑いですね。連日の猛暑に溶けそうになっているのは、どうやらわたしたちだけではなかったようです。

明治のロングセラーブランド「きのこの山」が、ひと肌ぬぎました。

2023年7月25日から、この夏限定の新商品「チョコぬいじゃった!きのこの山」が全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどで発売されます。ネーミングのとおり、チョコのかさがない「きのこの山」です。価格は税込232円。

 

ありそうでなかった?“クラッカーだけ”

同商品は、チョコレートが溶けてしまいそうな夏の暑さでも「きのこの山」を楽しみたいという人のために、特別にチョコレートを脱いでクラッカー部分だけを残した夏限定の商品。

クラッカーは通常の「きのこの山」の約2倍となる約60本。これなら夏の暑い中でもチョコが溶ける心配もなくゆっくりとクラッカーだけを食べることができそうです。

それってもはや、きのこではないのでは…というツッコミはさておき、シンプルで食感も楽しめるので、いろんな商品との相性も抜群だそう。

 

アレンジだって自由自在

そのまま食べてもおいしそうだけれど、同社が提案するレシピもとってもユニーク。牛乳に同商品を浸して食べる「きのこーンフレーク」や、カマンベールチーズに同商品をさして大きくて白いきのこにする「きのこの山ンベール」のほか、アイスのスーパーカップにこれでもかといわんばかり、すきなだけ同商品をのせる「きのこのアルプス」など、これだけ見てもいろんなアレンジが楽しめそう。とっておきの食べかたを探すのもおもしろそうですね。

きのこーンフレーク、きのこのやまんべーる、きのこのアルプスの写真
なかなかシュールなレシピたち

 

きのこの山公式Twitterアカウント「きの山さん」は以下から

https://twitter.com/kinoko_meiji

本文ここまで

記事一覧

アサヒビール、「未来のレモンサワー」の発売記念イベントを都内で開催

TOPに戻る